【スポンサーリンク】

[Windows] Wordがないので「ワードパッド」で文書を印刷してみる

ワードパッド」は、Windowsに元から入っている文書作成ソフトです。
一般的に使われる「Word」と似ていますが、最小限の機能しかありません。

パソコンによっては「Word」が入っていない場合があります。
そういうときに「ワードパッド」が役に立ちます。

ただ、「ワードパッド」はあくまで「簡易版」です。

うまく印刷するには、ちょっとコツがいりますね。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

ワードパッドの機能

ワードパッドの機能は、「ファイル」「ホーム」「表示」の3つのタブに分かれています。

主に、文書の体裁を整えるには、「ホーム」タブを使います。

文字列の範囲を選択して、
▶ 字体(フォント)や大きさ(フォントサイズ)、
▶ 位置(中央揃え、右揃え
太字文字の色
などを指定できます。

「ファイル」タブからは、ファイルの「保存」や「印刷」ができます。

基本的な機能は、Wordと似ているね。

余分な行間を詰めるには?

「ワードパッド」の行間は、はじめから「1.15」で「段落後に 10ポイントのスペースを追加する」になっています。つまり、エンターキーで改行すると、余分に10ポイント(約1行分弱)の行間が付いてしまいます。

行間を揃えたいときは、「ホーム」タブの「行間」から「10ポイントのスペース」のチェックを外せばよいわけです。

行間の単位

「1.15」というのは、「行の高さを文字の1.15倍にする」という意味です。
例えば、フォントサイズが「11ポイント」なら、行の高さが「12.7ポイント」。
つまり、行間は「1.7ポイント」です。

「ポイント」は文字のサイズの単位で、「1ポイント=0.3528mm」です。

中途半端な値に見えますが、「1ポイント=1/72インチ」になっています。

つまり、11ポイント=3.9mmです。

ページの余白とページ番号

「ワードパッド」の表示画面は、用紙サイズを考慮されていません。
文章はどこまでも下に入力していくことができますが、印刷してみると自動的にページが区切られます

どこでページが区切られるかわかりにくいです。
一応、ページの余白を「ミリ単位」で調整できます。

また、初期値では勝手に「ページ番号を印刷する」設定になっています。
ページ番号が不要なら、印刷前にチェックを外してください。

印刷したときに、用紙の下に「1」って書いてあるのは、ページ番号だったのかぁ。

こちらもどうぞ。

Wordの入力欄で変な字下げが戻せない? 【テキストフィールドの字下げ】
ワード文書の入力欄に入力していたのですが、二行目から左に数文字分のスペースが入って、詰めることができません。どのようにすれば、このスペースを詰められますか? また、入力文章の2行目だけを右揃えに変更できますか? 右揃えや字下げなどの文字の配置は、段落の書式です。 テキストフィールドでは、書式の変更が制限されていることがありますので、一度 制限を解除する必要があります。 今回は、Word文書のテキス...
LINEメッセージをパソコンで印刷するシンプルな方法 【Wordで印刷】
最近は、サークルなどの「お知らせ」も、LINEのグループで送られてきます。送ってもらった LINE のメッセージが長いときには、印刷して読みたいものですよね。 LINEメッセージをパソコンに送るには、「トーク履歴」がありますが、生徒さんとのやり取りの中で、もっとシンプルな方法に気づきました。 今回は、一つのメッセージをWordに貼り付けて、印刷する方法をみてみましょう。 ポイント 慣れているソフト...
iPhoneのWordアプリで会計報告書を作るには?
サークルで会計報告書を作る必要があるんだけど、iPhoneで作れないかな? 以前はパソコンで作ったんだけど、古くなってしまって動かないんだよね。 まずは、App StoreでWordアプリをインストールします。 アプリのインストールでは、Apple IDのパスワードが必要になります。 Wordアプリを起動したら、「+(新規)」をタップして、ひな形の中から「白紙の文書」を選びます。 これで、文章を作...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[Windows] Wordがないので「ワードパッド」で文書を印刷してみる
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました