【スポンサーリンク】

radikoで位置情報が必要になったけど何か弊害はある?【位置情報サービス】

iPhoneの「radiko」アプリでラジオを聴いています。
最近、位置情報サービスをオンにしないと起動できなくなってしまいました。
以前はオフでも使えていたのですが……。

そこで質問なのですが、位置情報サービスをオンにすることで何か弊害はありますか?
(例えば、Twitterでツイートしたときに、自分の居場所がわかってしまうとか)

位置情報は radikoを聴くときだけオンにして、その間は他にスマホは使わない。
聴き終えたらオフにする、など気をつけた方がよいでしょうか?

radikoでは、ラジオ放送エリアを決めるために位置情報を利用するようになりました。

位置情報サービスは、設定からアプリごとにオン・オフを指定できます。
使わない他のアプリは、位置情報へのアクセスをオフにしておけば、大丈夫。
毎回 気にする必要まではありません。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

radiko の位置情報と有料プラン

ちなみに、radiko で 位置情報サービスが必要になったのは、アップデートが原因だと思います。

全国エリアのラジオは、有料プランに加入しないと視聴ができないようになっています。

現在地を自由に指定されてしまうと有料プランの意味がなくなってしまいます。
ですので、位置情報を利用して配信エリアを判定しています。

位置情報サービスとは

「位置情報」って、なんか不安なんだよね。

どういう点を気をつけたらいいのかな?

iPhoneの「位置情報サービス」は、
GPS、Bluetooth、Wi-Fi、携帯基地局の所在地を組み合わせて、
iPhone の現在地を割り出す機能です。

位置情報サービスは、GPS と Bluetooth (いずれも利用可能な場合)、Wi-Fi ホットスポットと携帯基地局の位置情報のクラウドソーシングデータベースを利用して、デバイスのおおよその位置を割り出します。

iPhone、iPad、iPod touch で位置情報サービスと GPS のオン/オフを切り替える – Apple サポート (日本)

位置情報サービスは、正しく使えば便利な点も多いです。
地図や検索などで、身近な地域の情報が得やすくなるからです。

位置情報サービスのデメリットと注意点

一方、位置情報サービスのデメリットは、
バッテリーの消耗が少し早くなる
② 許可した「アプリが」位置情報を収集する

ですので、どうしても位置情報を必要なアプリ(radikoなど)だけに「アクセス許可」をしておけば安心です。

また、位置情報をあまり使わないときには、端末の「位置情報サービス」そのものをオフにしておけばなお安心ですね。

iPhoneのスクリーンショットに位置情報は記録されるの? 【写真の位置情報の意味】 – スマホ教室ちいラボ

「位置情報の収集」の目的はアプリごとに大きく違う

主に②の「位置情報の収集」が気になると思います。
これは、アプリの種類ごとに目的と注意点が違います。

少しまとめてみましょう。

マップ・紛失防止アプリ・天気など

現在地に合わせた情報を表示する
地図上で現在地を確認できると便利です。
今の位置からの経路検索などがスムーズできます。

便利な機能はありますが、必要がなければ位置情報の許可を外してよいです。

私は、マップや「探す」アプリは位置情報を有効にしています。

SNSやカメラ

自ら過ってプライバシー情報を公開してしまう恐れ
投稿や写真などに位置情報を追記する機能です。
ただし、「勝手に公開される」というわけではなく、自分の設定や操作のミスで追加してしまうことが多いです。

正確な緯度経度情報の場合はプライバシーへの影響が大きいですが、単なる地名表示だけ(「大津市」など)の場合もあります。

Twitterの位置情報ラベル

Twitterでは、ツイートに位置情報を追加するように設定できます。
ツイートに追加される位置情報は、「SoMa, San Francisco」のような「位置情報ラベル」です。

[設定とプライバシー]の[データ共有とTwitter外のアクティビティ]から[ツイートに位置情報を追加する]を有効にした場合(初期値はオフです)。

とはいえ、ちょっとしたミスでも個人情報を公開してしまうと取り返しがつかないことがあります。

アプリの設定をよく確認し、あらかじめアプリの位置情報の許可を外しておいた方が安心です。

旅行で行った場所を記録・発信したい、とかでなければ、通常はオフでよさそうだね。

無料アプリのネット広告

広告表示に位置情報を利用する
地域に合った広告を表示する(パーソナライズ広告)のが目的で、個人を特定する意図はあまりありません。
アプリの位置情報の利用は、ほとんどがこれです。

しかし、プライバシーの点で「気持ち悪い」なら、その位置情報の許可を外しておきましょう。

ショップのアプリで、近隣店舗を紹介する機能でも使われますね。

マルウェア

位置情報を悪用する恐れ
一番危険なのは、悪意を持って個人情報を収集する「マルウェア」です。
そのほかの個人情報と合わせて、悪用される危険があります。

開発元が不確かなアプリのインストールやアクセス許可は厳禁。

アプリそのものをインストールしない、削除することが大切です。

こちらもどうぞ。

[iPhone] 位置情報サービスがオンだと、自分のいる場所が第三者に知られてしまう?
位置情報サービスがオンだと、何もしなくても自分のいる場所が第三者に知られてしまうものですか? iPhoneユーザーであれば、「◯◯(私)という人物がここにいる」と知られてしまったりしませんか? 位置情報サービスをオンにするだけで、マップ上に自分が表示されるようなイメージがあります。 しかし、位置情報はそんなに簡単は公開されません。 自分のプライバシーを守るためにも、位置情報を共有する方法を確認して...
radikoで「このアプリはお使いのデバイスに対応しなくなりました」と表示されたけど使い続けられる? 【AndroidバージョンとAPI】
radikoアプリがPlayストアのアップデートで表示されていました。 しかし、「更新する」を押しても、アップデートが始まりません。「詳細」をみると、「このアプリはお使いのデバイスに対応しなくなりました」と表示されています。このスマホでは、もう使えないということでしょうか? アプリが更新すると、古いスマホが動作対象から外れてしまうことがあります。 通常は、更新されていないアプリは使わない方がよいの...
[iPhone] 写真の位置情報を確認する 【上にスライド】
撮影した写真に位置情報が記録されているのか心配です。 どうやって確認したらよいですか? 実際に位置情報をオンの状態で撮影して、確認してみました。 写真の位置情報(撮影地) iPhoneの「写真」アプリで「写真の情報」を見るには、どうすればよいのでしょう。 実は、写真を表示した状態で 上にスライドすると、「撮影地」や「関連」の情報を確認することができます。 写真アプリで位置情報を確認する 位置情報を...
アプリの権限を許可してよいのか不安なときの考え方 【クーポンアプリの権限】
今回は「アプリの権限を許可してよいのか不安」という質問がありました。 スマートフォンでアプリを使うと「アプリの権限」の確認が表示されることがあります。最近は「乗っ取りアプリ」などの報道もあるので、心配になりますよね。 もちろん「不安なアプリは利用しない」という考え方もありますが、ほとんどのアプリは安全に利用できます。どんなアプリなら信頼できるか、一緒に考えてみましょう。 検証 ・スマートフォン:ら...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
radikoで位置情報が必要になったけど何か弊害はある?【位置情報サービス】
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました