【スポンサーリンク】

iTunes でパソコンから CD を聴く(Windows)

iTunesは、CDから音楽を取り込んだり、パソコン内の音楽を再生したりできるソフトです。
Windows でも音楽を聴くための定番のソフトの1つです。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

iTunesをインストールする

iTunes は、Appleから無料で公開されています。

インストールするには 2つの方法があります。
▶ インストーラー「iTunes64Setup.exe」を実行する
▶ Microsoft Store からのインストールする

最近は、Microsoft Storeを使う方法の方が「メイン」のようですね。
はじめからパソコンにインストールされていることもあります。

iTunesでCDを聴く

iTunesは、音楽を再生するためのソフトですが、それだけに留まらない豊富な機能があります。
とはいえ、まずは 基本となる CD で音楽を聴く方法を説明します。

iTunesを起動して、パソコンに音楽CDを入れると、画面上部に「CD」ボタンが表示されます。

そのままCDを再生(▶)したり、
「読み込み」からパソコンに取り込むことができます。

iTunesライブラリから聴く

あれ?
「CDを読み込みますか?」と聞かれたよ。

CDを聴くだけなら「いいえ」にします。
しかし、「はい」にして「読み込む」のも とても便利です。

iTunesでの「CDの読み込み」は、CDの音楽をパソコン内に保存することです。
つまり、一度パソコンに読み込めば、いちいちCDを入れなくても いつでも音楽を聞くことができます。

取り込んだ音楽は、「iTunesライブラリ」として、パソコン内に保存されます。

iTunesライブラリ

iTunesライブラリは、自分のパソコンの iTunes に取り込んだ音楽のことです。

画面上部で「ミュージック」を選択し、
ライブラリ」を選べば、
パソコン内にある音楽を一覧から再生できます。

自分が聴く目的であれば、CDをパソコンに取り込んでもよいです。

インターネット経由で音楽を購入する

「ライブラリ」以外の「For You」とか「ストア」とかは、何なの?

iTunesには、ほかにも音楽を聴く方法として、
▶ 定額払いの Apple Music
▶ ダウンロード購入の iTunes Store
などがあります。

インターネットを通して、様々な楽曲を視聴したり、購入できます。

これらは、Apple の会員になって、クレジットカードなどで支払います。

まずは、CDを使う方法に慣れてからでも大丈夫。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
iTunes でパソコンから CD を聴く(Windows)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました