スポンサーリンク

[iPhone]インターネット共有の「オフ」と「検出不可能」の違いは?

インターネット小話スマホ基礎

iPhoneの「インターネット共有」のボタンを見ると、同じ灰色なのに「オフ」と「検出不可能」がありました。

何が違うのでしょうか?

iPhoneのコントロールセンターには、「インターネット共有」のボタンがあります。
このボタンでオフにすると、「検出不可能」になります。

一方、「設定」アプリから「インターネット共有」の「ほかの人の接続を許可」を無効にしておくと、「オフ」になります。

どちらでも「インターネット共有」は無効になっているので、ほかの端末から接続されることはありません。

ただ、この2つの項目は連動しているわけではないので、ちょっと操作にクセがあります。

スポンサーリンク

コントロールセンターのインターネット共有

iPhoneの「インターネット共有」をかんたんにオン・オフ、切り替えるには、コントロールセンターを使います。

iPhoneの画面右上から下にずらす(スワイプ)と、機能ボタンの並んだ「コントロールセンター」が表示されます。

通信のグループを長押し(ロングタップ)すると、通信関係の6個のボタンが表示され、その中に「インターネット共有」があります。

「インターネット共有」の無効状態の表記をよく見ると、たしかに「オフ」と「検出不可能」の2種類があります。

設定アプリから「オフ」にする

コントロールセンターの「インターネット共有」からオン・オフを切り替えると、「検出可能」と「検出不可能」に切り替わります。

「インターネット共有」で「オフ」と表示されるのは、「設定」アプリから「インターネット共有」ー「ほかの人の接続を許可」を無効にした場合です。

コントロールセンター
インターネット共有
設定アプリ
ほかの人の接続を許可
つながるか?
オフ不許可つながらない
検出可能許可つながる
検出不可能許可つながらない

いつの間にか「許可」に変わっている理由

ちょっと直感に反するのが、「ほかの人の接続を許可」を不許可にした状態で、「インターネット共有」ボタンでオンにして、もう一度 オフに戻すと、「ほかの人の接続を許可」は許可に変更されたままになっているということです。

「インターネット共有」のボタンは、「ほかの人の接続を許可」と連動しているのかと思っていましたが、別の項目なんですね。

「オフ」にしないと危ないの?

ただ安心してほしいのは、インターネット共有は「オフ」でも「検出不可能」でも、他人につながることはない、ということです。

出先で iPadやPCなどに、iPhoneのインターネット通信を利用することが多いなら、「ほかの人の接続を許可」にしたまま、インターネット共有のオン・オフを切り替えるので十分でしょう。

もちろん、インターネット共有(テザリング)機能が不要なら、「ほかの人の接続を許可」を無効にする、つまり、インターネット共有を「オフ」にしておくほうがより安心です。

水道を、蛇口で止めるか、元栓で止めるかの違いなのかな、と思います。

ちなみに英語では「Not Discoverable」

  • インターネット共有:personal hotspot
  • 検出不可能:Not Discoverable
  • オフ:Off
  • 検出可能:Discoverable

「検出不能」ではなく、「検出不可能」というのが、ちょっと独特な和訳ですよね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[iPhone]インターネット共有の「オフ」と「検出不可能」の違いは?
タイトルとURLをコピーしました