スポンサーリンク
スポンサーリンク

頻繁な「SIMカード読み込み中」とバッテリーの減り・発熱

最近、スマホを使っていると、たまに画面が暗くなるんだけど?

バッテリーの減りも速くなっているし、そろそろ買い替え時なのかな?

今回は、スマホのSIMカードを挿入し直したら、バッテリーの持ちも良くなった話です。

ポイント
  • SIMカードの接触が悪いと、スマホに負荷がかかる(発熱やバッテリーの減りが速くなる)ことがある。
  • SIMカードは、自分で挿入し直すことができる。
スポンサーリンク

画面が突然暗くなる

スマートフォンを使用していると、頻繁に画面が暗くなって「SIMカード読み込み中…」と表示されるようになってしまいました。

「SIMカード読み込み中」のまま待っていると、10秒ほどでまたロック画面に戻って動くようになりました。

10分ほど操作しているだけで、たびたび「固まって」しまいます。

SIMカードを挿入し直す

「SIMカード」は、スマートフォンに挿入されている ICカードで、携帯電話会社の登録情報などが書き込まれています。

たびたび「読み込み中」になるということは、うまくSIMカードを「読み込み」できないようです。

いったん、SIMカードを取り外して、挿入し直してみます。

BASIO 3の場合は、スマートフォン上部のカバーを開けると、引っ張って取り出すことができます。

機種によっては、ピンなどで押して出すこともあります。

専用のピンがなくても、クリップを折り曲げて代用できます。

改めて、きちんと揃えて挿入して、とりあえず様子を見ます。機械的な故障がなければ、うまくいくかもしれません。

無事に直った(+α)

— 後日 —

あのあと、「SIMカード読み込み中」で止まることはなくなったよ。

あと、最近、スマホがよく熱を持っていたんだけど、それもなくなって、バッテリーの持ちもよくなったよ。

どうも、SIMカードの接触不良が原因だったようです。バッテリーの持ちも良くなって、よかったです。

SIMカードとバッテリーは、どういう関係があるの?

SIMカードがうまく読み込みできないと、何度も電波確認などの処理が発生することになります。電波の送受信は、スマートフォンに負荷がかかるので、発熱やバッテリーの浪費につながっていたんだと思います。

SIMを入れ直しても、何度もぶり返すケースもあります。その場合は、端子などが壊れている可能性があるので、修理や交換が必要です。

SIMカードの役割

スマートフォンが、電話を受信したり、モバイル通信でインターネットに接続できるのは、SIMカードのおかげです。また、スマートフォンが使った通信データはSIMカード情報を元に計測され、月々の料金として請求されます。

高速道路の「ETCカード」みたいだね。

スマートフォンを起動するときにも、この「SIMカード読み込み中…」と表示されます。

通常は、スマートフォンに電源を入れた直後に、SIMカードを読み込んだら、通信ができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました