スポンサーリンク
スポンサーリンク

Chromeでウェブページのショートカットをデスクトップに作る 【Chromeアプリ】

「パソコンのデスクトップに、ウェブページのアイコンを作りたい」という質問があります。

今回は、Chromeの「アプリ」ショートカットについて、みてみましょう。

ポイント
  • Chromeならウェブサイトのアイコンで「ショートカットを作成」できる。
  • ただのURLリンクではなく、Chrome内に「アプリ」として保存されている。
スポンサーリンク

ウェブページをデスクトップにドラッグする

ウェブページのリンクだけをデスクトップに配置するには、アドレスバーのURLをデスクトップにドラッグすればよいです。この方法は ブラウザで共通で、EdgeでもChromeでもリンクを作ることができます。

しかし、この方法の欠点は、どのページも標準ブラウザのアイコンになってしまって、探しにくいことです。

Chromeで「ショートカットを作成」する

ブラウザにGoogle Chromeを利用しているなら、アイコンを変えたショートカットを作成する方法があります。

それは、「ショートカットの作成」です。

Chromeのメニュー(︙)から「その他のツール」ー「ショートカットの作成」を選択します。

ショートカットを作成すると、デスクトップにウェブページのアイコンが追加されます。

Chromeのショートカットは「アプリ」

ちなみに、どちらもウェブページを表示するショートカットですが、実はプロパティを見てみると違いがあります。

通常のショートカットは、アドレスへのリンクになっています。これは、標準のブラウザで開きます。

一方、Chromeで作成したショートカットは、リンク先が「chrome_procy.exe –app-id=***」となっています。

“C:¥Program Files(x86)|Google¥Chrome¥Application¥chrome_proxy.exe” –profile-directory=Default –app-id=~~

これは、Chrome内のアプリのリンクになっていて、必ずGoogle Chromeで開かれる、という違いがあります。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
タイトルとURLをコピーしました