スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホのモバイル通信でパソコンをインターネットにつなぐ 【テザリングとWi-Fiアクセスポイント】

外出先でノートパソコンをインターネットにつなぐときに、スマホのモバイル通信を利用することができます。

スポンサーリンク

インターネット共有(テザリング)

スマホを経由して、ほかの端末をインターネットにつなぐ機能を、「インターネット共有」あるいは「テザリング」といいます。

テザリングの基本的な流れ
  • スマホで「インターネット共有」を有効にする
  • パソコンからWi-Fiのパスワードを入力して接続する
  • 終わったら スマホの「インターネット共有」を無効に戻す

テザリング(tethering)」は、「つなぐ」という意味。

Androidスマートフォンの設定方法

Androidスマートフォンの場合、「設定」アプリから「Wi-Fi アクセスポイント」を有効にします。

Wi-Fi アクセスポイントの設定を表示する
  • 「設定」アプリ
  • 「ネットワークとインターネット」
  • 「アクセスポイントとテザリング」
  • 「Wi-Fi アクセスポイント」

Wi-Fi 以外に「USBケーブル」や「Bluethooth(ブルートゥース:短距離無線のこと)」でつなぐ方法もあります。

Wi-Fi アクセスポイントの設定

「Wi-Fi アクセスポイント」の設定では、
アクセスポイント名(SSID)や
アクセスポイントのパスワード
を決めることができます。

ルータの初期設定に似ています。

Wi-Fi アクセスポイントを有効にする

「Wi-Fi アクセスポイント」を有効にすると、ほかのコンピュータの Wi-Fi 画面から アクセスポイント名 を見つけることができます。

選択して、アクセスポイントのパスワードを入力すれば、Wi-Fiに接続できます。

使い終わったらアクセスポイントはオフにする

スマートフォンのアクセスポイントが有効の間は、画面上のステータスバーにアクセスポイントのアイコンが表示されます。

また、「設定」から何台のコンピュータがつながっているか確認できます。

パソコンからインターネットを利用し終わったら、忘れずに Wi-Fi アクセスポイントはオフにします。

パスワードがあるので、あまり心配はありませんが、他人が勝手に接続していないかは、接続台数から確認できます。

タイトルとURLをコピーしました