スポンサーリンク
スポンサーリンク

Gmailに既存のメールを取り込む 【メッセージのインポート】

Gmailには2つの顔があります。それは、
・無料でメールアドレスをもらえるウェブサービス
・メールを表示・閲覧するためのウェブアプリ

今回は、Gmailをメールアプリ(メーラー)として利用する方法を紹介します。

ポイント
  • 既存のメールアカウントをGmailにインポートすると、Gmail上で一括で管理できる。
  • 受信・送信のメール設定は、メールソフトと同じ流れ。
スポンサーリンク

メールをインポートする設定

インポートは、メールの転送とはちょっと違います。

・インポートは、メールクライアント側で設定する。
・転送は、メールサーバ側で設定する。

メールアカウントにログインする

メーラーソフトでメールアカウントの設定をするのと、基本的には一緒です。

インポートをオプションを設定します。

「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」のチェックは、デフォルトでは オフ です

もとのメールをサーバから削除したくなかったので、オンにしました。

「他のアカウントのメールを確認」が、「メールの確認中…」になりました。メールサーバのメールがコピーされます。

全部のメールを読み込むので、確認には少し時間がかかります。

メールアドレスから送信する

メールアカウントの受信設定を編集できます。

「未確認」の状態になります。

確認メールにかかれている確認コードか、リンクをクリックすることで、「確認」できます。

リンクをクリックします。

無事にGmailから送信できるようになりました。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
タイトルとURLをコピーしました