スポンサーリンク

「+メッセージ」アプリの「すべて同意」と「SMSのみ」の違いは?

「+メッセージ」というアプリに、赤丸で1と付いていたので、開いてみました。

すると、「利用条件等」に「すべて同意」という画面が表示されました。

これは何を選択することになっているのでしょうか? 利用しなければ、このまま選択しないでも構いませんか?

「+メッセージ」は、大手携帯事業者のアプリなので、「すべて同意」で問題ありません。プライバシーが気になる場合は、「SMSのみ」の利用もできるようになっています。

「+メッセージ」は、2018年に出てきたアプリです。従来のSMSと同じだと思って使うと、微妙な違いに戸惑うことがあります。

今回は、「+メッセージ」の同意画面を通して、SMSと新しいメッセージ方式の違いを見てみましょう。

スポンサーリンク

+メッセージ(プラス・メッセージ)

まずは、「+メッセージ」の画面を見てみましょう。

パッと見て、「青いLINE」という印象ね。

「+メッセージ」は、一言で言えば、「SMSみたいに電話番号で送れる、LINEみたいな、キャリア共通のチャットアプリ」です。

もう少し特徴を具体的にみてみます。

相手の電話番号で送れる

「+メッセージ(プラスメッセージ)」は、2018年から3大携帯事業者が提供しているメッセージアプリです。

2018年5月9日、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社は新しいメッセージングサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」の提供を開始しました。携帯大手キャリア3社が共同で提供するサービスとして注目を集めており、コミュニケーションアプリで覇権を握る「LINE」への対抗馬になるのではないかとも言われています。

「+メッセージ」は電話番号だけでメッセージを送れるので、相手も「+メッセージ」のユーザーであれば連絡手段のひとつとして活用できるのもポイントになります。

LINEが2011年に公開されたので、その7年後に出てきたアプリということになります。

+メッセージ が LINE に秀でている点は、連絡先がわかりやすいことです。登録された相手の電話番号に、そのままメッセージを送ることができます。

ただ、「+メッセージ」の機能を全て有効になるのは、相手も「+メッセージ」を利用している場合に限ります。「+メッセージ」に登録していない相手には、これまで通りのSMS形式で送信されます。

つまり、相手に+メッセージのマークがなければ、写真やスタンプを送ることはできません。

RCSとSMSが自動的に切り替わる

お互いに「+メッセージ」を利用している場合は、RCS(Rich Communication Services:リッチメッセージ)形式に切り替わります。より長文テキスト、写真、スタンプなどを、送信できます。

また、細かい点ですが、リッチメッセージは、インターネット回線で送信されるので、SMS利用料はかかりません。通常、モバイルデータ通信は定額プランなので、料金がかからないということです。

+メッセージの同意内容は2段階

ちなみに、+メッセージ利用規約をみると、
・「既読」や「利用中」の表示
・相手へのプロフィールの表示など、
相手に自分の情報を表示することについて、同意項目があります。

第3条 (本サービスの内容等)


(1) 本サービスは、次の各号に掲げる機能を提供することを主な内容とし、その詳細及びその他の機能等は、ご利用規則等及び本サービスサイト上に定めるとおりとします。なお、対応端末の種別、本アプリのバージョン、本サービス利用者の契約状態等によっては、利用できる機能に制限がある場合があります。
① メッセージ送受信機能
② 配信・既読確認機能
③ メッセージブロック機能
④ 迷惑メッセージ報告機能
⑤ 公式アカウント機能


(2) 本アプリの機能により、本アプリの連絡先に表示された携帯電話番号について本サービス又は他サービスを利用中である場合、利用中であることの表示(以下「ケイパビリティ表示」といいます。)をいたします。本サービス利用者は、ケイパビリティ表示のない携帯電話番号を利用する者に対し、SMS 又は電子メールを用いて本サービス又は他サービスへの招待を行うことができます。

(3)本サービスの利用にあたり、本サービス利用者が任意で登録したプロフィール情報は、他の本サービス利用者及び他サービス利用者(以下総称して「本サービス利用者等」といいます。)のうち本アプリの連絡先に表示された者、並びに本サービス利用者がメッセージを送信した送信先の相手にのみ公開されます。

(4)本サービス利用者は、本アプリ内のストアからダウンロードしたスタンプをメッセージ送信の際に使用することができます。なお、本アプリ内のストアで有償で提供されるコンテンツに適用される条件については、当社が別に定めるものとします。

(5)本サービス利用者は、キャリアアカウント(当社から本サービス利用者に対して、本サービスに関するお知らせを通知するアカウントをいい、以下同じとします。)に対してメッセージを送信することはできず、キャリアアカウントによるメッセージを、メッセージブロック機能によりブロックし又は迷惑メッセージ報告機能により報告することはできません。

(6)当社は、本サービス利用者にあらかじめ通知することなく、本サービスの内容及び仕様を変更し、それらの提供を停止または中止することができるものとします。

+メッセージご利用規約(PDF形式:254KB)ドコモ版

大手携帯事業者の規約なので、特に「すべて同意する」で問題ないと思います。

どうしても気になる場合でも、「SMSのみ」でも同意しておいた方が良いと思います。SMSは、いろんなアカウントの確認番号でも利用されるので、受信できる方がよいです。

「+メッセージ」は3大キャリア限定

また、「+メッセージ」アプリは3大キャリアの利用者限定です。各携帯事業者が、それぞれアプリを提供していて、契約していないとインストールできません。

「+メッセージ」は、格安SIM事業者(MVNO)に切り替えると、利用できなくなってしまうのが、一番の難点です。

タイトルとURLをコピーしました