スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Search Consoleで「このプロパティへのアクセス権がありません」

Google Search Consoleにアクセスしたら、「このプロパティへのアクセス権がありません」と表示されました。

ポイント
  • Google Search Consoleで「このプロパティへのアクセス権がありません」と表示されても、サイトの所有権が確認できれば、再びアクセスできるようになる。
スポンサーリンク

「このプロパティへのアクセス権がありません」

このプロパティへのアクセス権がありません。

ログイン中のアカウント:〜@gmail.com

プロパティ:https://〜.com/

このプロパティにアクセスできるアカウントでログインするか、プロパティ所有者にアクセス権限をリクエストしてください。

それ以外の場合:[所有権を証明]

Google Search Consoleでの「プロパティ」は、「ウェブサイトの統計情報」のことです。

Googleアカウントがログアウトしているわけではなく、統計情報へのアクセス権が外れてしまったようです。

はじめての経験ですが、たまにこういうがあるのでしょうか?

「サイト管理者に統計情報へのアクセス権を設定してもらうように」と書いてありますが、このアカウントがサイト管理者なんですよね。

所有権の証明

「所有権を証明」のボタンを押してみると、少し待って「所有権を自動確認しました」と表示されました。

「プロパティに移動」を押すと、ちゃんとGoogle Search Consoleにアクセスできました。

所有権を自動確認しました

確認方法:
HTMLタグ, Google タグ マネージャー

確認状態を維持するために、サイトのホームページからメタタグを削除しないでください。

確認情報を維持するために、設定 > 所有権の確認 で複数の確認方法を追加することをおすすめします。

何が起こったかというと、Google Search Consoleのシステムが ウェブサイトにアクセスして、このアカウントのGoogle Search Consoleのタグがあるか確認した、ということです。

機械的にアクセスして確認できるなら、エラー表示される前に確認しに行ってくれればよいのに……。不思議なものですね。

ウェブサイトの所有権の確認方法

Google Search Consoleのメニューから「所有権の確認」の設定をみてみます。

他にも、いくつかの確認方法がありました。

「所有権の確認」は、Google Search Consoleに指定された情報(タグやHTMLファイル)をウェブサイトにつけることで、管理者アカウントを確認しています。Google Search Consoleをはじめて利用するときに必要な手順ですね。

タイトルとURLをコピーしました