スポンサーリンク

APIって何?(Android OSの役割)

そもそもなんだけど、Androidって何?
どんな役割があるの?

今回は、Androidというスマホの基本システムの役割を、「API」というアプリの作られ方を切り口に見てみましょう。

スポンサーリンク

Androidアプリの作られ方

アプリはプログラミングで作られますが、「プログラミング」とは、単純にいえば「機能を組み合わせ、並べること」です。Androidスマートフォンの場合は、Android OS が このアプリに共通して利用される機能を用意しています。

システムがアプリケーションに公開・提供している機能のことを「Application Programming Interface:API」といいます。

Androidバージョンの更新

「Androidを更新すると、何が変わるの?」と聞かれると、まずは セキュリティ機能が強化されることを説明しますが、実はそれだけではありません。Androidバージョンが更新されると、このAPIが追加・変更されます。より便利なアプリを作ることができるように、少しずつ API が追加されているのです。

ただし、アプリ開発ですぐに最新のAPIを使われるかというと、そうでもありません。古いスマホを利用している人が、そのアプリを使えなくなってしまうからです。

どこまで古いスマホに対応するかは、企業によって考え方が分かれています。

ざっくりいえば、海外のアプリは、比較的 どんどん新しい機能を使って、市場をリードする傾向があり、国産のアプリは、わりと長期間サポートする代わりに、なかなか新機能を利用できない傾向があります。

サポート期間の大まかな傾向
  • 海外アプリ:新機能を重視して、古い端末を切り捨てる。
  • 国産アプリ:従来の利用者を重視して、新機能を諦める。

なかなか国産の新サービスが生まれにくい背景には、このような文化・価値観の違いもあるのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました