スポンサーリンク
スポンサーリンク

Macで充電が進まない?【充電保留中とバッテリーの最適化】

ふと macのメニューバーのバッテリーを見ると、プラグのついた見慣れないマークになっていました。

フル充電ではないのに、充電が進みません。

今回は、Macの「バッテリーの最適化」機能について説明します。

ポイント
  • プラグのマークは「充電保留中」で、80%以上の充電を保留している。
  • 「バッテリーの最適化」機能は、macOS 11 Big Surから追加されている。
  • MacBookを操作していると、自動的に充電は再開する。
スポンサーリンク

メニューバーのバッテリーマーク

通常は、電源によって2種類あり、電源アダプタにつなぐと、電気のマークがつきます。

バッテリー残量が少ない場合は、電池の中身が減って表示されます。

80%で充電保留中になる

しかし、今回はプラグのマーク。

うまく接続できていないのかと思って、見てみると「充電保留中」と表示されました。

「バッテリー充電の最適化」はmacOS 11 Big Surからの新機能

「バッテリー充電の最適化」は、macOS 11 Big Surで追加された機能で、充電時間を学習し、MacBookを使い始める直前までバッテリーの充電率を80%で保留します。

わりと新しい機能なんですね。

これは、夜間など使わない時間帯に、バッテリーをフル充電にしないための工夫です。

「システム環境設定」ー「バッテリー」ー「バッテリー」から、「バッテリー充電の最適化」は有効・無効を変更できます。

バッテリー充電の最適化の設定変更
バッテリー充電の最適化の設定変更

そういえば、iPhoneでも、バッテリーを長持ちさせるために、80%以上に充電するときは充電を弱める機能がありました。

iPhoneの2段階充電

macOSにも同様の2段階充電の仕組みがあるわけです。

ちなみに、英語表記では、「Charging On Hold (Rarely Used On Battery)」となっています。

タイトルとURLをコピーしました