スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeで「保存」した動画を見るには? 【動画の保存先と再生リスト】

YouTubeの「保存」ってどうやって使うの?

「YouTube動画を保存したい」とイメージする機能と、YouTubeアプリの「保存」は少し違うかもしれません。

今回は、YouTubeの「保存」を通して、再生リストの仕組みを見てみましょう。

スポンサーリンク

「保存」を押して見ると…

YouTube動画を見ていると「保存」というボタンがあります。

ところが、「保存」といっても、「スマートフォンの中にデータを保存(ダウンロード)」するわけではありません。これは、「後で見る」リストに登録しておく機能です。

最近の再生リストに追加されました「Watch later」 [変更]

間違えて保存したときは、「保存済み」のボタンを押すと、「動画の保存先…」が表示され、チェックを外すことができます。

補足

「+ 新しいプレイリスト」からは、再生リストを追加することもできます。

ライブラリの「後で見る」リスト

「後で見る」リストに追加した動画を見るには、「ライブラリ」に切り替えます。

「最近視聴したコンテンツ」「履歴」「自分の動画」「購入した映画と番組」の次に、「後で見る」があります。

「後で見る」に並んでいる動画をタップすると、再度見ることができます。

見終わったり、不要になったら、「後で見る」から削除できます。

Youtubeアプリではなく、スマホのブラウザからYoutubeを見た場合も、「ライブラリ」の中に「後で見る」があります。

ブラウザからYoutubeの「後で見る」を表示する
ブラウザからYoutubeの「後で見る」を表示する

パソコンからYoutubeを見た場合は、画面左のメニューから「ライブラリ」を選んで、「後で見る」や再生リストを選択します。

PCでYoutubeの「後で見る」を表示する
PCでYoutubeの「後で見る」を表示する

「後で見る」を整理する

動画一覧で左にずらす(スワイプ)と、削除ボタンが表示され、タップできます。

このように、一時的に動画をメモするのに、「保存」と「後で見る」は役立ちます。

「保存」は以前は「追加」

この「保存」機能は、以前は「追加(再生リストに追加)」と表示されていました。

YouTubeアプリの画面変化
YouTubeアプリの画面変化

何年もかけて、少しずつアプリの画面は変わっているのが見て取れます。

ちなみに、YouTubeには有料の「一時保存(オフライン・ダウンロード)」という機能もあります。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
タイトルとURLをコピーしました