スポンサーリンク

Windows PCの中にファイルはどうやって整理されているか? 【フォルダ構成の基本】

パソコンの中のファイルがどこにあるかわからないんだけど、基本的なことを知りたいな。

スポンサーリンク

ファイル管理はエクスプローラーで

Windows PCでは、パソコンの中のファイルを探すのに、「エクスプローラー(書類入れのアイコン)」を使います。

エクスプローラーの画面は、大きく分けると
左の「ナビゲーション ウィンドウ」
右の「メイン ウィンドウ」
で構成されています。

「階層構造を展開する」とは?

「ナビゲーションウィンドウ」でファイルの保存場所を選択して、「メインウィンドウ」でファイルを選択する、というのが基本的な使い方です。

「ナビゲーションウィンドウ」は、「階層構造」のフォルダを「展開」して表示します。

「階層構造」は、樹木のように「根っこから枝分かれしていく」構造で、「木構造」とも言います。

全体のデータと個人のデータ

階層構造の「根っこ」は「PC」です。

「PC」には、よく使われるユーザーフォルダと、データディスクを表すドライブがあります。通常はメインのC:ドライブと、データ保管用のD:ドライブがあることが多いです。

データディスクの中身を、パソコン全体のデータとユーザー毎の個人データに分けて見てみましょう。

パソコン全体のデータ構成

パソコン全体のデータは、アプリケーション プログラム、オペレーティング システム、ユーザーデータに分けられます。

これらのデータ構造は、勝手に変更したり削除するとパソコンが動作しなくなってしまいますので、注意が必要です。システム領域のデータを変更しようとすると、管理者権限が確認されます。

基本的には、ソフトをインストールすると、アプリケーション プログラムの領域にデータが追加され、更新データをインストールすると、オペレーティング システムの領域にデータが追加・修正されます。

ユーザーデータの構成

ユーザーデータの構成をみると、用途に応じてたくさんのフォルダに分かれています。

特に重要なフォルダは、7つあります。

重要なユーザーフォルダ
  • デスクトップ
  • ダウンロード
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ミュージック
  • OneDrive

ユーザーデータのフォルダの中身は、基本的には自由に追加したり削除したりできます。ただし、プログラムが自動的に作成したファイルの場合は、削除すると動作がおかしくなることもあります。

これらのフォルダは、よく使われるので「クイックアクセス」や「PC」からも表示できるようにリンクがあります。別の場所にありますが、同じ場所が表示されます。

玄関と勝手口のようなもので、中は一緒です。

画像ファイルが「ピクチャ」にあるとは限らない

注意しておきたいのが、ファイルの種類によって自動的にフォルダ分けされるわけではないことです。利用者はファイルの保存場所を自由に移動させることができます。

例えば、「インターネットからダウンロードした文書ファイル」はどこにあるか?というと、「ダウンロード」ファイルに保存されることが多いです。

しかし、「デスクトップ」に保存しても良いですし、「ドキュメント」に保存しても構いません。それどころか(探しにくくはなりますが)「ピクチャ」や「ミュージック」に保存しても構わないのです。

ただ、あんまり適当では管理しにくくなりますので、目的に応じて使い分けます。

保存場所の選び方(ダウンロードした文書ファイルの場合)
  • 閲覧するだけで編集しない場合……「ダウンロード」
  • すぐに作業に取り掛かりたい場合……「デスクトップ」
  • 編集を加えて利用していく場合……「ドキュメント」

インターネットブラウザは、通常は「ダウンロード」を保存先の第一候補にします。

Word や Excel だと、「ドキュメント」が第一候補になります。

デスクトップはちょっと特別なフォルダ

「デスクトップ」は、パソコンを起動したときにすぐに表示される 特別な場所ですが、エクスプローラーでは、他の場所と全く同様に管理されます。

逆にいうと デスクトップ画面は、エクスプローラーで表示される「デスクトップ」フォルダのメインウィンドウ画面を、背景のように配置している、ということもできます。

実際に「エクスプローラー」が調子が悪くて一時中断されると、デスクトップのアイコンも一時的に消えてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました