スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホの機種変更で設定すること 【大まかな流れ】

スマホの機種変更の設定の目的は、新しい機種で旧機種と同じように使える状態にすることです。

どのような機能を使っているか振り返ってみると、設定で必要なことが整理できます。

スマホ切り替えのデータ移行というと、電話帳や写真の移行を思い浮かべます。

しかし、それらは設定一つで割と簡単にできます。

1番注意が必要なのは、アプリの引継ぎです。個々のアプリで違うので、余裕を持って取り掛かりましょう。

スポンサーリンク

大きなポイントは4つ

スマホの機種変更のポイント
  • 電話番号の引き継ぎ
  • 個人データを同期する
  • アプリごとの引き継ぎ設定をする
  • 写真・動画データを移す

SIMがあるから電話がかかる

電話番号などスマートフォンの加入者情報は、スマートフォン内のSIMカードに書き込まれています。

SIMカードを新しいスマホに差し込むと、電話はそっちつながるようになります。

機種によっては、対応するSIMカードの種類が変わったり、加入者情報を書き換えたりして、SIMカードを新しく発行し直すことが必要なときもあります。

電話帳を移行する

電話帳やカレンダー、設定やインストールしたアプリリストは、Googleアカウントにバックアップすることができます(iPhoneの場合は、Apple ID の iCloud が相当します)。

古いスマホの「設定」ー「システム」から、「バックアップ」できているか確認できます。

バックアップは、(1)スマホ内の個人データと(2)写真・動画に分けて設定します。

(1)スマートフォンのバックアップでは、インストールしたアプリの一覧、SMSメッセージ、設定、通話履歴、連絡先を引き継ぐことができます。

(2)Googleフォトでは、15GB(無料の場合) までなら、写真・動画を預けることができます。

新しいスマホでは、初期設定のときに、Googleアカウントのログインをするだけで、自動的にバックアップ内容が同期されます。

自動バックアップを有効にしていれば、新機種の初期設定ができた時点で、かなりの設定が引き継がれているんです。

アプリの設定をする

個別のアプリの設定はバックアップされません。基本的に自分で設定する必要があります。

多くのアプリ・サービスは、インターネット上にデータを保存しています。

利用アカウントにログインするだけで、そのまま利用できます。必要なのは、IDとパスワードだけです。

例えば、メルカリやAmazonでは、ほしいものリストを引き継げますし、Facebookでは投稿や友だち一覧をそのまま見ることができます。

しかし、中には事前に旧機種でデータの引き継ぎ操作が必要なアプリがあります。

大事なところでは、キャリアメールやLINE、おサイフケータイなどです。

これらのアプリには、内部データをいったんサーバに預ける操作があります。

それをしてから、新機種に移行しないと、メールやメッセージ、チャージしたポイントなどを引き継げないことがあるので、要注意です。

LINEのアカウントの引き継ぎ

データ移行で一番気をつけないといけないのは、このアプリの移行が必要なものです。

よく使うアプリについては、一つずつ「機種変更の仕方」を調べておきましょう。

データの移行

そのほかのデータは、SDカード・パソコンなどにいったんデータをコピーして、移動する必要があります。

新しいスマホにすると、後から必要なデータに気づくことがあります。機種変更のときには、古いスマートフォンも持ち帰って置くほうがよいですよ。

携帯ショップによっては、操作ガイドを配布しています。

携帯ショップでデータ移行のガイドをもらった
携帯ショップでデータ移行のガイドをもらった

いろんなパターンを網羅しているので、まずは自分がどれに該当するか、じっくり確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました