スポンサーリンク

迷惑メッセージでAmazonの偽サイト 【送信先に返信できない?】

こんにちは。先日、またまた「Amazonプライム会費の支払いができない」というメッセージが届きました。

Amazon プライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら:https://www.hengyizuche.com/

おわかりのように、URLアドレスがおかしいですね。想像通り、偽のAmazonのログイン画面に誘導されます。

スポンサーリンク

ドメイン名を検索した

ドメイン名で検索してみました。

画像引用元:WHOIS検索 | Tech-Unlimited(2021年3月8日時点)

ドメインは、xinnet(北京新网数码信息技术有限公司)で取得されているようですが、誰が取得したのかはわかりませんでした。

画像引用:http://www.xinnet.com/(2021年3月8日時点)

誤解のないように補足すると、xinnet社が偽サイトを認めているわけではありません。ドメイン自体は申請すれば、誰でも取得できるからです。

北京Xinnetデジタル情報技術株式会社(www.xinnet.com)は、1993年に設立された、中国のインターネットプロバイダで、ドメイン名、仮想ホスティング、企業の電子メール、Webサイトの構築などの情報サービスを提供しています。

メッセージに表示される名前

それはそうと、今回メッセージは、「Amazon」という名前で届きました。

通常、ショートメッセージは、電話番号か連絡帳に登録している名前で表示されます。

このメッセージは、登録していないのに送信者名が表示されています。

また、メッセージの「詳細」を表示しても、連絡先が反応しません。通常なら送信元の電話番号を登録できるのですが、それもできません。

「メッセージ」アプリを見てみると、このような企業名からのメッセージは、ほかにもありました。

MicrosoftやTwitter、LINEなど、実際に電話番号の確認をしたときに、送られたメッセージです。

この差出人には返信できません

必ずしも偽メッセージだから返信できない、というわけではなさそうです。

差出人に返信できない理由?

どうやって送信されているのでしょう?

日本語で調べても、返信できない理由がなかなか見つかりません。

英語サイトで調べるために、まずメッセージでは、どのように表示されるのでしょう。

引用元:android – Send SMS containing verification code with a “copy code” button – Stack Overflow

Sender does not support relies

「送信元は返信をサポートしていません」という意味になります。

英語サイトの事例だと、登録している電話番号に空白文字やプラス記号が含まれていて、送受信できなかった場合があるようです。

Problem was solved by editing the contact number: The number look like it was in correct international format starting with +. In desperation I have deleted the plus symbol and replaced it by re-typing. Also I have removed as any spacing between numbers. Now I’m able to send SMS.

SMS messages: “sender does not support replies” phone number formatting problem? [closed] – together.jolla.com

これは、Googleに登録している電話番号内の記号の文字コードが変換されてしまったのでしょうか。

今回とは、直接関係なさそうですが、まずはメッセージアプリの基本として、「無効な電話番号には返信できない」ことがわかります。

タイトルとURLをコピーしました