スポンサーリンク
スポンサーリンク

macOS Big Sur 11.2.3 にアップデートしたら 30分ほどかかった(2.44GB)【妥当性検査】

今回のアップデートでは特にトラブルもなく完了しました。

一応、画面をメモしておきます。

ポイント
  • 2021-03-09 通知が表示された(2021-03-08リリース)
  • 2021-03-13 アップデートを実施した
  • ブラウザのデータ妥当性チェックが改善された
  • アップデート後 空き容量が 3.5GB 増えた
スポンサーリンク

通知が表示された(2021-03-09)

macOS Big Sur 11.2.3 が利用可能
macOS Big Sur 11.2.3 が利用可能

macOS Big Sur 11.2.3 があります
macOS Big Sur 11.2.3 があります

macOS Big Sur 11.2.3のアップデート内容は、すべてのユーザに推奨される重要なセキュリティアップデートです。

macOS Big Sur 11.2.3 の説明
macOS Big Sur 11.2.3 の説明

macOS Big Sur 11.2.3 ではブラウザの妥当性検査を改善

入力データが妥当かどうかのチェック(Validation)の不具合は、影響の度合いはさておき、わりとよくありますね。

WebKit(HTMLレンダリング エンジン)

影響:悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性があります。

説明:妥当性検査(validation)を改善して、メモリ破損の問題を解決しました。

CVE-2021-1844

少し様子をみてアップデート実行(2021-03-13)

アップデートには、ダウンロードと再起動で 約30分 ほどかかりました。

アップデート前後のストレージ空き(4.5GB 増えた)

アップデートできました。

Finder でアップデート作業の前後のストレージの空きを比べてみると、2.44GB のアップデートデータをダウンロードしたものの、
19.92GB → 24.59 GB
逆に約 4.5 GBほど増えています。

macOS Big Sur 11.2.3 アップデート前後のストレージ空き
macOS Big Sur 11.2.3 アップデート前後のストレージ空き

おそらくシステムが整理されているんでしょうね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
タイトルとURLをコピーしました