スポンサーリンク

「iCloud写真」をオフにしたいけど iPhoneの写真は残したい 【オリジナルとサムネイル】

iCloud写真 をオフにすると、iPhoneの写真が消えてしまうと、ネットでみました。

写真を消さないで オフ にできますか?

通常は「iPhoneのストレージを最適化」に設定されているので、「iCloud写真」をオフにしたときに、iPhoneから古い写真が消えてしまう場合があります。

iPhoneに写真を残すには、iCloud写真をオフにする前に「オリジナルをダウンロード」します。

今回は、iCloud写真とiPhoneストレージの関係について、見てみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの「写真」アプリと「iCloud写真」の関係

iCloud写真と、iPhone上にある写真アプリ、何が違うのかな?

iPhoneの「写真」アプリは、iPhone内の写真だけを閲覧するアプリではありません。標準的な設定だと「iCloud写真」を表示しています。

iPhone単体では違いがわかりにくいですが、iPadなど他の端末を持っている場合は、それらの写真も同じように iPhone から見ることできます。

反対に、iPadの写真アプリでも、iPhoneで撮影した写真をそのまま見られます。

いちいち転送しなくてもいいんですよー。すごくないですか?

また、iCloud写真がオンの場合、iPhoneのすべての写真は、iCloudにアップロードされます。

写真アプリを見てみると、一番下に「アップロードが完了しました」と表示されているので、確認できます。

写真や動画を撮影していると、すぐにいっぱいになってしまいます。

iPhone内のオリジナル写真を自動削除する(iPhoneのストレージを最適化)

iPhoneで撮影した写真は、アップロードしたらすぐに削除されるわけではありません。iPhone内にも元の写真は残っています。

しかし、iPhoneのストレージが少なくなると、不要なオリジナル写真を削除する設定(iPhoneのストレージを最適化)があります。

iCloud写真の設定は、「設定」アプリから表示します。

iCloud写真を表示する

iCloud写真のデータ管理方法は2種類あります。

iCloud写真の設定
  • iPhoneのストレージを最適化(iCloudが主)
  • オリジナルをダウンロード(iPhone本体が主)

「オリジナルをダウンロード」では、撮影した写真は iCloudストレージとiPhoneストレージの両方にオリジナルのデータが保存されます。

「iPhoneのストレージを最適化」にすると、iPhoneの空き容量が足りなくなると、iPhone本体の写真を削除して、低画質のサムネイル画像に置き換えます。撮影したオリジナル写真は、iCloudストレージにだけ保存されて、iPhoneには残りません。

iCloud写真をオフにする(iPhoneの同期を止める)

「iCloud写真」をオフにすると、iPhoneとiCloud写真のリンクが切り離されます。

このとき iPhone内の「サムネイル画像」は、iCloudのデータを消すと一緒になくなってしまいます。

これが、iCloudをオフにすると、iPhoneの写真が消える仕組みです。

iPhoneのストレージを最適化
お使いのiPhoneの空き容量が少なくなった場合に、フル解像度の写真とビデオが、デバイスのサイズに小さくされたバージョンに自動的に置き換わります。

iPhoneiCloud
iPhoneのストレージを最適化仮データ原本
オリジナルをダウンロード原本原本

「オリジナルをダウンロード」に設定し直せば、iCloud写真はすべて iPhone内にダウンロードされます。

ダウンロードには時間がかかるので、少し待ちます。

すべての端末から切り離すと iCloud写真をすべて削除される

iCloudに預けた写真の方はどうなるの?

iCloud写真は、Apple IDのサービスの一つです。

“iCloud写真”を使用してすべてのデバイスからすべての写真にアクセスできます。

Apple IDの利用開始 手続き

複数台でApple IDにサインインしている場合は、ほかの端末で iCloud写真がオンなら写真データはクラウド上に残っています。

しかし、iPhoneが1台しかない場合は、「iCloud写真」をオフにすれば iCloudに預けた写真はすべて削除されます。

つまり、iCloudからも写真を全て消すには、Apple IDでログインしている すべての端末で「iCloud写真」をオフすればよいわけです。

ストレージ管理からiCloud写真を削除する

iCloud写真を削除する方法は、もう一つあります。iPhoneとiCloud写真のリンクを切るだけではなく、iCloud写真のデータそのものを削除する方法です。

iCloudの「ストレージを管理」から「写真」を選ぶと、「無効化して削除」することができます。

iPhone内に残っていないデータがある場合には、警告が表示されます。

iCloudに保存されている写真の一部は、このiPhoneにダウンロードされていません

iCloud写真は、間違えて削除してしまったときのために、「iCloudストレージ」の管理から、30日以内なら取り消すことができます。

「無効化して削除を取り消す」
タイトルとURLをコピーしました