スポンサーリンク

Windows 10 バージョン20H2のインストールに失敗した

最近、Windows 10の機能更新プログラムに、2つ連続で失敗しています。

要点
  • 機能更新プログラムのインストール後に起動できない。
  • 2回ほど強制終了するとシステムが復元される(?)。
  • セキュリティ更新はできている。
スポンサーリンク

バージョン 2004への更新(失敗)

更新は自動設定にしているので、定期的にタスク管理に通知が表示されます。

2021年1月7日に ver.2004に更新してみました。

更新中。

しかし、再起動のあと、メーカーロゴのまま1日放置しても進みません。

仕方がないので、電源ボタンを長押しして強制終了します。

一度目の再起動でもメーカーロゴのまま進みませんでしたが、二度目の再起動でやっとサインイン画面が表示されました。

しかし、バージョンを確認すると、以前のバージョン(1909)に戻っていました。

どうも、「システムの復元」が行われたようです。

Windows が正常に動作しなくなった場合は、電源ボタンを長押しして、強制終了を 2 回行ってください。3 回目の起動時に 「 回復画面 ( 自動修復画面 )」 が表示されます。

「 Windows RE ( Windows 回復環境 )」 機能を使い、「 セーフモード 」 を起動する方法 ( Windows8 / 8.1 / 10 )

ヘルプによると、自動修復の画面が表示されるようですが、わたしの環境では黒い画面のままシステム復元がされました。

ずっとパソコンに付いていたわけではないですが、行って帰って 数時間は使えない状態でした。

sfcコマンドで、システムファイルのスキャンをしてみました。

破損したファイルがあったものの、正常に修復されたようです。

いったん、機能更新プログラムはそのままにします。

バージョン 1909のセキュリティ更新(できた)

次に、2021年1月19日にセキュリティ更新プログラムをインストールします。

こちらは、正しくインストールされました。

Windows Updateの更新履歴を見てみると、更新は5つの種類に分かれていることがわかります。

Windows Update
  • 機能更新プログラム
  • 品質更新プログラム
  • ドライバー更新プログラム
  • 定義更新プログラム
  • その他の更新プログラム

機能更新プログラムでは失敗したものの、品質更新プログラムはインストールできたことになります。

バージョン 20H2 の更新(失敗)

先週末(2021年2月12日)、再度 Windows Updateから再起動の通知が表示されました。

前回、2004に失敗したままですので、1つスキップすることになります。

そこで再起動したものの、週明けの月曜日。まだ、メーカーロゴがくるくる回っていました。

やっぱり、強制終了の再起動を2回すると、立ち上がりましたが、やっぱりインストール失敗です。

とりあえず、「更新を 7 日間一時停止」にして様子を見ています。

パソコンの事情

今回 Windows Updateに失敗したパソコンは、MB-B507H(Mouseコンピュータ、2018年製)です。

スペック的には十分なはずなんですが、一つ問題があります。

予備の内蔵HDD(d:ドライブ)が壊れてしまったんです。Windowsからマウントは外していますが、システム的には読み込みに行って時間がかかっています。

そろそろ、しっかりメンテナンスをしないとなぁと思っています。

メンテナンスしようと思っていること
  • 内蔵HDDをきちんと取り外す・交換する
  • dismやWindowsUpdateのトラブルシューティングなど
タイトルとURLをコピーしました