スポンサーリンク

Uber Eats の手数料を計算する 【配送だけじゃないサービス】

デリバリーのUber Eatsは、珍しいものを気軽に頼めて楽しいのですが、まだ割高な印象があります。

ふだんと違った「特別な食事」という感じで利用しています。

その理由は、「配送手数料」です。

今回、「配送手数料」の意味について、勉強になりましたので、メモしておきます。

スポンサーリンク

フードデリバリーの手数料の意味

しかし、普及する背景には、料金設定の妥当性があります。

食品配達の手数料の計算について、ビジネス・インサイダーに興味深い記事がありましたので、ご紹介します。

詳しくは、記事をご参照いただくとして、印象に残ったのは、「バリューチェーン組み換え」という考え方です。

消費者の立場からすると、自分の交通費にくらべると、配送手数料は割高に感じます。

すでに運営している飲食店がそのままフードデリバリーを行うと、売上の35%の手数料は大きな負担です。

これは、フードデリバリーを「追加する」場合です。

フードデリバリーの構造変化

ところが、始めからフードデリバリーを主軸に店舗設計をすると、見え方が変わってきます。

UberEatsなどのフードデリバリーサービスが提供している価値は、配送だけではないことに気づきます。決済、ネット集客、交通費、ホール営業、などを代行していることになります。

フードデリバリーで「置き換える」場合です。

実際、「ゴーストレストラン」という厨房だけの飲食店が生まれてきています。

今後、社会に根ざしていくのかはまだわかりませんが、これまでは考えられなかったスタイルが生まれるのも、インターネットならではですね。

「配送手数料」は、配送だけの手数料ではない。

インターネットの仕組みは奥が深いですね。

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
インターネット小話
\記事が役に立ったらシェアしてね/
ちいラボ
タイトルとURLをコピーしました