スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天モバイルが1年間無料なのは なぜ? 【回線ネットワークの拡大】

楽天モバイルの「1年間無料」って、本当? 1ヶ月ならわかるけど…

無料といわれると、逆に不安になる方もいますよね。

楽天モバイルの大盤振る舞いのキャンペーンには、独自回線を普及させるため、というちゃんとした理由があります。

今回は、モバイルデータ通信の回線ネットワークについて、説明します。

ポイント
  • 楽天モバイルが1年間無料キャンペーンをするのは、楽天回線を普及させたいから。
  • 今 利用している回線より つながりにくくなることもある。
  • 1年間の間に解約することもできる。
スポンサーリンク

楽天モバイルの1年間無料キャンペーン

たまたま、楽天モバイルの広告を目にして、びっくりしました。

プラン料金などが1年無料。

楽天モバイルの1年間無料キャンペーン
料金プラン詳細 | Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

プラン料金が開通日から1年間無料

料金プラン詳細 | Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

解約手数料とかあるんじゃないの?

まず、思うのが「契約期間」と「解約手数料」ですよね。

例えば、「2年縛り」になっていて、期間でならすと50%オフ(それでも十分な値引きですが)に相当する、こういう契約は多いです。

ところが、楽天モバイルには「いつでも無料で解約できる」とあります。

引用元:Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

そんなことをしたら、1年無料で利用して、そこで解約すればよいことになります。

なんと、それができてしまうプランです。

すごいねー。

ふむ。 まぁ、契約変更は面倒だし、一度使ってもらったら、それだけ多くの人には継続してもらえる自信があるんだね。

楽天回線エリア

どうして そんなに割引するのかというと、「回線を使ってほしいから」です。

「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金プランをよく見てみると、
楽天回線
パートナー回線」という言葉があります。

引用元:Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

大手キャリアと格安SIM事業者

携帯電話の回線ネットワークは、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア3社が保有しています。

莫大なインフラ投資で、全国に無線基地局をネットワーク状に張り巡らせています。

画像引用元:Intercell Interference Coordination: Towards a Greener Cellular Network*

一方、格安スマホ会社は、独自の回線ネットワークを保有していません。

MVNO(仮想移動体通信事業者)といって この3社の回線を借りて利用者に貸し出す、という卸売サービスを運営しています。

「仮想」というのが、「卸売」であることを意味しています。

楽天回線に及ばないエリアを見方

楽天モバイルも、まずは大手携帯電話会社の回線を貸し出す事業からスタートしましたが、徐々に独自の楽天回線のエリアを拡大しています。

大津周辺を見てみると、紫や薄いピンクのエリアがあります。

これは、まだ楽天回線が及んでいないエリアです。

引用元:通信・エリア | 楽天モバイル

携帯基地局を整備するには、たくさんの利用者がいないと維持できません。

そこで、キャンペーンで将来の利用者を募っているわけです。

データ無制限と5G

楽天モバイルが、独自の回線ネットワークを整備するのは、「データ無制限」のプランにするためです。

5G(ファイブ・ジー)という新しい携帯通信では、インターネット通信がさらに高速になります。動画やゲーム、あるいはビデオ通話・ウェブ会議など、これまで以上に快適に利用できるようになります。

いまはビデオ通話だと、なんか相手の反応がワンテンポ遅れる気がするよね。ほんとうにリアルタイムになったら、便利だよね。

そこでネックになるのが、データ使用量の制限です。

いくら回線が高速でも、利用量の上限があればあまり使えません。

しかし、回線を貸し出す事業構造では、通信量に応じてキャリアに対して費用が発生してしまいます。利用者に無制限なデータ通信を認めてしまうと、利用される分だけ かえって損をしてしまう構造になります。

これが自前の回線だと、基地局の維持費として変動しにくくなるわけです。

回線エリア拡大のための大盤振る舞い

格安キャンペーンには、いくつかあります。

格安キャンペーンの3つのパターン
  • サービス内容が減っているパターン
  • よく計算すると割高になるパターン
  • サービス普及時の大盤振る舞いパターン

楽天モバイルの「1年間無料」キャンペーンは、この「大盤振る舞い」パターンといえそうです。

サービスを普及させるための大盤振る舞いのパターンは、ほかにもあります。最近では 2018年12月にあった PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が記憶に新しいです。

ニュースでも散々取り上げられて、いっきにキャッシュレス決済が普及したよね。

サービス拡大時は、仕組みを知らないと「思ったより、使いにくい」など不満を感じることがあります。

ずっと前に ソフトバンクがはじめて携帯電話事業に参入したときも、携帯会社でつながりやすさが違う、と言ったもんだよね。

ソフトバンクがボーダフォンを買収したのが、2006年ですね。

今回の楽天モバイルでは、独自回線が届いていないエリアは、既存のキャリアの回線を利用するので、やや事情は違いますが、使い勝手が変わることは認識しておいたほうがよいでしょう。

まぁ、無料なら多少の不便は目をつぶってもいい、って思っちゃうよね。

ポイント
  • 楽天モバイルが1年間無料キャンペーンをするのは、楽天回線を普及させたいから。
  • 今 利用している回線より つながりにくくなることもある。
  • 1年間の間に解約することもできる。
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
タイトルとURLをコピーしました