スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneが歩数計になる 【ヘルスケアアプリの基本】

iPhoneって、歩数計になるんだね!

これってどう使うの?

iPhoneの「ヘルスケア」アプリを見ると、歩数計になっています。

この歩数は iPhone にある重力加速度センサーを使って自動的に計測しています。

「ヘルスケア」アプリは、健康管理のためのアプリです。

健康管理の機能を2つに分類すると、

ヘルスケアの健康管理
  • 記録を入力する
  • グラフで見る

歩数のように自動的に計測されるものもありますが、基本的には自分で入力するものです。

例えば、わかりやすいのが体重です。

ふだん計測した体重をヘルスケアアプリに記録しておけば、勝手に長期的なグラフを見ることができます。

「測るだけダイエット」ね。

基本画面は、概要とブラウズがあります。

ふだんは「概要」を確認します。

しかし、はじめは記録する項目を選ぶ必要があります。

体重や血圧、血糖値など、どの項目が気になるかは、個人差があるからです。

まずは、「ブラウズ」でカテゴリ分けされた項目を選んで、「よく使う項目」に追加します。

各項目を表示して、「データを追加」を選ぶと、手動で記録することができます。

タイトルとURLをコピーしました