スポンサーリンク

iPhoneでうまく写真が撮れない…… 【ライブ写真と連続撮影】

iPhoneで写真を撮ったら、たくさん撮れてしまったり、ちょっとブレたりするんだけど……。

iPhoneのカメラでは撮った写真が動いたり、驚くような機能がありますよね。

今回は、はじめて iPhoneの「カメラ」アプリを使って、戸惑うポイントを見てみましょう。

スポンサーリンク

撮った写真がなぜか動く?

まずは、「ライブ写真(Live Photos)」です。

ふつうの写真は止まっているものですが、ライブ写真は動きます。

画面上 中央にあるボタンは、「ライブ写真」機能を表しています。

iPhoneのライブ写真
iPhoneのライブ写真

「ライブ写真」がオンになっていると、カメラで写真を撮影すると、前後の動きや音も一緒に保存されます。

いつも短いビデオのようになってしまいます。

  • (+)動きがあって面白い
  • (ー)データ量がやや大きい

長押しすると連続撮影(バースト)になる

撮影ボタンの押し方にも注意が必要です。

長く触れていると、連続撮影になってしまいます。

iPhoneの連続撮影(バースト)
iPhoneの連続撮影(バースト)

この連続撮影は、徒競走のゴールの瞬間を撮影する、など決定的なタイミングを撮影するための機能です。

バースト」というのですが、いくつか(上の例では 11枚)の写真がグループになっています。数秒の間 撮影しているので、画面下の「選択」から、ベストショットを選びます。

カメラアプリのボタン

そのほか、iPhoneのカメラアプリの画面を見てみると、上部・下部にボタンが並んでいます。

カメラのボタン

カメラ上部のボタンは、撮影するときの効果です。

カメラ上部のボタン
  • フラッシュ
  • 明るさ調整(HDR:High Dynamic Range)
  • LIVE写真
  • 遅延撮影
  • 色合い補正(フィルター)

下部のボタンは、リングのように横にスライドして切り替えます。

写真・ビデオの切り替え
  • 写真
    • スクエア(正方形)
    • パノラマ(横長)
  • ビデオ
    • スロー(ゆっくり)
    • タイムラプス(コマ送り)
タイトルとURLをコピーしました