スポンサーリンク

「iPhoneを探す」をオフにしても大丈夫? 「第三者がiPhoneのデータを消去したり再アクティベートして利用できる」とは?

質問

iPhoneを探すをオフにしたら「あなたのアップルIDとパスワードを使用せずに第三者が iPhoneのデータを消去したり再アクティベートして利用できるようになります」と表示されました。 これは心配することないのでしょうか?

「第三者がiPhoneのデータを消去したり再アクティベートして利用できる」というのが、安全なのか危険なのか、よくわかりにくいですよね。

ポイント
  • 「iPhoneを探す」は、iCloudの一つの機能。
  • 遠隔操作で紛失や盗難時に被害を小さくすることができる。
  • クラウドサービスなのでリスクもある。
スポンサーリンク

「iPhoneを探す」は 紛失と盗難の備え

iPhoneを探す」は、紛失と盗難対策になっています。

「iPhoneを探す」をオンにすると、iPhone をなくしても、Appleのサービスにサインインすることで、別のiPhoneやパソコンから位置を調べることができます。

これは、iPhone が iCloudサーバーに自動的に接続され、位置情報を保存しているからです。

また、遠隔操作で iPhoneのデータを消去することもできます。

それだけなく、iPhoneは Apple ID で保護されます。

仮に iPhone を盗まれても、犯人は Apple IDのパスワードがわからないと、勝手に初期化できなくなるのです。

こうなると、盗んだ犯人にとっては、ただの箱です。

「iPhoneを探す」を使うかは何が心配かによる

もし、Apple IDのパスワード流出による不正アクセスが心配なら、iPhoneを探すを「オフ」にして構いません。「iPhoneを探す」の機能に、パスワード流出の危険があるわけではないのですが、万が一パスワードが盗まれてしまって、「iPhoneを探す」を悪用されると困るからです。

反対に、iPhoneをなくしたり、盗まれたりすることが心配なら、iPhoneを探すは「オン」にしたほうがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました