スポンサーリンク

[BASIO3] 慌てずにカメラで自撮りがしたい 【メニューの操作】

スマホのカメラで撮影してもらうときに、あたふたしてしまいます💦

カメラアプリは、ふだんから使っておくと、スムーズです。

一度 メニューボタンの使い方を見ておくと、安心して操作できますよ。

環境

BASIO3 カメラアプリ

スポンサーリンク

BASIO3のカメラの画面構成

BASIO3のカメラアプリの画面は、ボタンが3つだけ。

BASIO3のカメラアプリ
BASIO3のカメラアプリ
カメラアプリの3つのボタン(BASIO3)
  • 撮影
  • 録画
  • メニュー

とてもシンプルで使いやすいと思います。

細かい撮影設定をすべて「メニュー」にまとめた点に特徴があります。

背面にカメラカバーがあるのは、最近のスマホでは珍しくなりました。

カメラをよく利用する人には、いちいち開けたり、閉めたりするのは、ちょっと面倒に感じるかもしれません。

カメラの8つのメニュー項目

カメラの撮影設定には、8つの項目があります。

カメラアプリの撮影設定(BASIO3)
  1. 撮影サイズ…画質
  2. カメラ切替…前後のカメラ
  3. フラッシュ
  4. 連写
  5. 画像補正…HDRや手振れ補正
  6. タイマー…セルフタイマー設定
  7. 位置情報
  8. 保存先…本体 / SDカード

へぇー、フラッシュもここで設定できるのね。

自撮り関係でいうと、「カメラ切替」と「セルフタイマー」が役に立ちそうです。

画像補正には、「自動HDR(明るさ補正)」と「手振れ補正」があります。

自動HDR?

「自動HDR(High-Dynamic Range)」は、明るい場所と暗い場所が混在するときに、バランスよく撮影する画像補正です。

写真を2枚 自動的に露出を変えて撮影して、いいとこ取りする合成をします。

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
スマホ基礎
\記事が役に立ったらシェアしてね/
ちいラボ
タイトルとURLをコピーしました