スポンサーリンク
スポンサーリンク

迷惑メッセージを受信拒否したい 【SMSのブロック】

スマホに変なメッセージが届いたんだけど、気持ち悪いです。

ショートメッセージ(SMS)は、電話番号だけで送ることができるので、迷惑メッセージが来ることも多いです。

SMSの「ブロック」の仕方を練習してみましょう。

試した環境

BASIO3、「+メッセージ(SMS)」アプリ

スポンサーリンク

SMSに届いた迷惑メール

スマートフォンの「+メッセージ(SMS)」アプリに通知があるので、見てみると見慣れない電話番号です。

内容は、出会い系サイトのようなメッセージに、URLアドレスがあります。

〜さんからのメッセージが届いています。

はじめまして♪気になったので
メッセ送っちゃいました♡
もしよかっ……
メッセージの続き確認はこちら
→ https://bit.ly/〜〜

迷惑メッセージは、無視すればよいのですが、なんとも気味が悪いですよね。

電話番号をブロックする

もし、気になるようなら、その電話番号からのメッセージを「受信拒否」することができます。

これを「ブロック」といいます。

  1. 画面上部の「詳細( i )」をタップする
  2. スライドして「ブロック」をタップする

これで、以後この電話番号からメッセージが送られてきても、受信拒否されます。

これで迷惑メッセージがなくなるわけではありません。電話番号を変えてランダムに送られて来るからです。

ブロックすると、メッセージの受信履歴からも削除されます。スッキリしました。

「迷惑メッセージ報告」で通報する

ブロックは個人的な受信拒否です。それとは別に通報する方法もあります。

迷惑メッセージ報告

ユーザー情報と相手からの受信メッセージ(直近10件)を電気通信事業者などに送信します。

報告理由を選んでください。

この迷惑メッセージ報告では、電話番号だけでなく受信メッセージも通信会社に送信されます。

  • 報告者の電話番号
  • 相手の電話番号
  • メッセージ内容(直近10件)
  • 報告理由

通信会社は、通報された情報から、無差別に送信する迷惑メールで、約款に違反していることが確認できれば、対処されます。

怪しげな「短縮URL」について考えてみる

もし、この迷惑メッセージに「引っかかる」と どうなってしまうのでしょう。

アドレスにある「https://bit.ly/〜」ってなんですか?

これは、「短縮URL」というものです。

「https://bit.ly/」で始まるURLアドレスは、アメリカのBitly社が提供しています。Bitly社以外にも、いくつか短縮URLサービスがあります。

Bitly社のホームページ(bitly.com

「短縮URLサービス」とは、長いURLアドレスを短くするサービスです。メッセージ送信するときに文字数を減らすことができるからです。

短縮URLとリダイレクトの仕組み

例えば、Bitlyに、長い文字数URLアドレスを入力すると、短縮URLが発行されます。利用者は、この短縮URLをメッセージや投稿などで公開します。

短縮URLを見た人がクリックすると、まずBitlyのサーバーにアクセスします。すると、Bitlyのサーバーは、元の長いURLアドレスに自動的に誘導します。これを「リダイレクト」といいます。

短縮URLとリダイレクトの仕組み
短縮URL短縮URLの場所には「リダイレクト先のアドレス情報」だけが書き込まれています

もともと「短縮URL」は、文字数制限のあるメッセージ送信での利用のためのものですが、接続先のアドレスを隠すために利用されることもあります。

ですので、信頼できない短縮URLはクリックしてはいけません。

どこに連れて行かれるわかりません!

怪しいアドレスの誘導目的は?

しかし、どうしても気になる方もいるでしょう。今回は、安全な端末でメッセージのリンク先をタップしてみました。

案の定というか、出会い系サイトに接続されます。

「メッセージ受け取り」をタップすると
「無料アカウント登録が必要です」と表示され、
「LINE友だち追加」へと誘導されました。

「LINE友だち追加」は「LINEアカウントとの連携」とは違うので、個人情報が出るわけではありませんが、これ以上は進まないことにしましょう。

怪しいリンクは最終的に
出会い系サイトの「LINE友だち追加」にたどり着いた

たくさんの相手に送信して、見込み客をリスト化していると考えられます。

タイトルとURLをコピーしました