スポンサーリンク
スポンサーリンク

久しぶりにiPadを開いたらロックされていた 【アクティベーションロック】

久しぶりにすることは、うまくいかない。雪道の運転もそうだろうし、iPadもそうだろう。

今回は、iPadのアクティベーションロックを説明します。

スポンサーリンク

アクティベーションロックとは

数ヶ月ぶりぐらいに古いiPad miniに電源を入れてみました。

すると、「アクティベーションロック」と表示されて、操作できません。

アクティベーションロックの表示

アクティベーションロック

このiPadは現在Apple IDにリンクされています。このiPadを設定するために使用したApple ID 〜@icloud.com とパスワードでサインインしてください。

アクティベーションロックは、紛失したり盗難されたりしたiPhone/iPadを、知らない人に勝手にいじられないよう保護するための仕組みです。

「探す」アプリと設定

「端末を探す」を有効にすると、ロックすることができるのですが、とくにロックした記憶はありません。

ちょっと確かではないのですが、Apple IDで「端末を探す」を有効にしてあると、長期間アクティベーションサーバにアクセスのない端末はロックされるのかな、と考えています。

Apple IDの二段階認証

iPadにパスワードを入力すると、ふだんApple IDを利用している端末で通知が表示されました。わたしの場合は、Macのパソコンです。

Apple IDが、新しいデバイスにサインインするために使用されています

ご利用の Apple IDが〜〜近辺で iPad にサインインするために使用されています。

今回は、自分の操作なので「許可する」を選びましたが、不審なサインインでも確認することができます。

そうすると、「確認コード」が表示されます。

Apple IDの確認コード

Apple IDが新しいデバイスにサインインするために使用されています。
サインインするには、この確認コードを iPad に入力してください。

この確認コードは、1回限りのパスコードです。パソコンに表示された6桁の数字を、そのままiPadに入力すれば、認証完了です。

無事にiPadが使えるようになりました。

二段階認証

このような仕組みを二段階認証といいます。

二段階認証のステップ
  • (1)新しい端末でIDとパスワードを入力する
  • すでに登録している端末に確認コードが通知される
  • (2)新しい端末に確認コードを入力する

タイトルとURLをコピーしました