スポンサーリンク

2回連続でシステム アップデート?【たまった更新、BASIO3】

スマートフォンのシステム アップデートを完了したら、すぐにまた通知がありました。

自宅に Wi-Fi 環境がない場合は、更新がたまってしまうことがあります。

BASIO3を例に、2回連続してシステム アップデートが必要な理由を考えてみましょう。

結論

システム アップデートがたまっていると、一つずつ実行される。

スポンサーリンク

システム アップデートの通知があった

スマートフォン(BASIO3)を見てみると、システム アップデートの通知が表示されています。

タップすると、「システム アップデート利用可能」というメッセージが表示されます。

システムアップデートの通知が表示された
システムアップデートの通知が表示された

システム アップデート利用可能

新しいソフトウェアに更新します。
通信料が発生する場合がありますのでWi-Fi通信での実施をおすすめします。
更新中は緊急呼発信を含め、端末の操作はできません。

以下の事象が改善されます。
・セキュリティ機能が向上し、より安全にお使い頂けます。

更新サイズ:339.6 MB

システムアップデートは、2つ手順で行います。

  1. インターネットからデータをダウンロードする
  2. スマートフォンにデータをインストールする

更新データをダウンロードする

まず、ダウンロードで注意したいのが、データ通信量です。

「システム アップデート」はデータサイズが大きいので、Wi-Fi通信の利用が推奨されています。これは、モバイルデータ通信を使いすぎて、意図せず制限されることがないように、という配慮です。

Wi-Fiなしでシステム アップデートするには?

家にWi-Fiがない場合は、どうしたらいいのかしら?

Wi-Fiがないときは、まずは更新サイズを確認しましょう。

今回の更新サイズは「339.6MB」。
「ギガ(GB)」に換算すると「0.3396ギガ」です。

例えば、月の上限が 3GB なら その10分の1。
モバイル通信のままダウンロードしても、そこまで問題ないでしょう。

ただし、iPhoneなど Wi-Fi 接続でないと、ダウンロードじたいができないスマートフォンの機種もあります。

パソコンを利用していない家庭だと、Wi-Fi通信がないこともありますよね。まだ、これといってオススメの方法がないんです。

Wi-Fiにつないでダウンロード開始

教室には Wi-Fiルーターがあるので、今回は Wi-Fi につないで「ダウンロード」を開始しました。

システムアップデートをダウンロードする

じーっと待つとダウンロードが完了します。

「ダウンロード」のボタンが、「今すぐ再起動」になったね。

インストールには再起動が必要

ダウンロードした更新データは、スマートフォンに組み込む必要があります。

これを「アップデートをインストールする」といいます。

アップデート…更新データのこと。
インストール…システムに組み込むこと。

システムのインストールには、2つ注意点があります。

一つは、インストール中は操作ができないことです。いったんスマートフォンの電源が切れ、5分〜10分ぐらいは黒い画面でインストールが進みます。

もう一つは、インストール中に電源がなくなると、スマートフォンのシステムが壊れて、動かなくなってしまうことがあることです。

更新にかかる時間は、数分のこともあれば、1時間を超えることもあります。充電ケーブルにつないで、時間に余裕を持って開始するようにしましょう。

無事にアップデートが完了すると「正常にアップデートが完了しました!」のメッセージが表示されます。

システムアップデートをインストールする

アップデート完了

アップデート後に「設定」アプリから「ソフトウェア アップデート」を確認してみました。「お使いのシステムは最新の状態です」と表示されます。

更新情報を確認する
更新情報を確認する

「Android セキュリティ アップデート:2019年8月1日」と書いてあるので、1年半ぐらい更新できていなかったようです。

ところが、また通知が表示された

「うまく更新できた」と思ったのも、つかの間。

起動したスマートフォンの通知を見てみると、もう一度 システム アップデートの通知が表示されました。

もう一度システムアップデートの通知が表示された
もう一度システムアップデートの通知が表示された

「うまくアップデートできなかったのかな」と思って、よく読んでみると、更新サイズや内容が微妙に違います。

よく見ると更新内容が違う
よく見ると更新内容が違う

どうも、更新すべきデータが1つでは済まなかったようです。

さきほどと同様に更新をします。

システムアップデートを実行する

これで無事に終わりました。

製品アップデート情報を確認してみると

auのウェブサイトで、BASIO3の更新情報を確認してみました。

BASIO3の製品アップデート情報
画像引用元:製品アップデート情報一覧(au)

一覧を見てみると、確かに「ドライブアプリが起動しなくなる場合がある事象の改善など、(2019年10月28日)」という項目が最新でした。この更新で、Androidセキュリティも、2019年10月になりました。

1度目の更新は2019年8月1日の更新ね。

アップデートのためのアップデート

さて、どうして2回も更新が必要だったのでしょう。その理由も、アップデート情報に書いてありました。

アップデートが正常に完了するとビルド番号(ソフトウエアバージョン)は下記の通りとなります。
・ビルド番号:1.120FO
本アップデートを実施するには、ソフトウエアバージョン「1.110FO」にアップデートする必要があります。

ドライブアプリが起動しなくなる場合がある事象の改善など、(2019年10月28日)

アップデートを実施するには、事前にアップデートが必要な場合があるんです。

メンテナンスされている期間は、スマートフォンのセキュリティは毎月、少しずつ修正されます。

BASIO3の場合は、OSが7.1.2まで、セキュリティが2019年10月まで更新されています。

ブログ村ランキングに参加しています。
ポチっと応援していただけると嬉しいです。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
スマホ基礎
\記事が役に立ったらシェアしてね/
ちいラボ
タイトルとURLをコピーしました