スポンサーリンク
スポンサーリンク

[iPhone] 電話に「接続できませんでした」とは?【拒否と圏外】

スマホ基礎

知り合いに電話をしたら、「接続できませんでした」と表示されたんだけど、どうしてかな?

電話が壊れてしまったのかな?

iPhoneの「接続できませんでした」というメッセージは、通話を「拒否」されたことを表しています。

拒否といってもいろんな状況がありますが、基本的には時間をずらして掛け直します。

今回は、「通話拒否」「圏外」「着信拒否」について、見てみましょう。

スポンサーリンク

通話を拒否する

携帯電話は、電話がかかってきた場合、「応答」と「拒否」を選ぶことができます。

移動中や会議中など通話に出られないときがあるからです。

iPhoneで電話がかかってきたら応答・拒否
iPhoneで電話がかかってきたら応答・拒否

逆に言うと、もし相手が「拒否」をすると、通話は終了して、自分のiPhoneには「接続できませんでした」と表示されます。

相手に「拒否」された場合の表示
相手に「拒否」された場合の表示(iPhone)

圏外の場合

「接続できませんでした」と言われると、相手のスマホが「電源がオフ」や「圏外」なのかと思いますが、その場合には 違った結果になります。

通話は切れずに、携帯会社の音声ガイダンスが流れるのです。

相手に「拒否」された場合の表示(iPhone)
相手に「拒否」された場合の表示(iPhone)

例えば、相手の利用している携帯会社がNTTドコモなら、
こちらはNTT docomoです。
おかけになった電話は電波の届かない場所にあるか、
電源が入っていないため、かかりません

という音声ガイダンスが流れます。

相手の携帯会社の音声ガイダンスが流れるのがポイントです。

音声ガイダンスのある・なし

この違いを詳しく見てみましょう。

「拒否」の場合は、相手の携帯電話まで届いていて、相手の操作で切られています。これは、電話はかかっていません。

一方、「圏外」の場合は、相手の携帯電話につながらなかったので、いったん音声ガイダンスが応答しています。つまり、電話は携帯会社にかかったことになります。

通話の拒否と圏外の違い
通話の拒否と圏外の違い

携帯会社の着信拒否サービス

もし、着信拒否されている場合はどうなるの?

着信拒否にも、2種類あります。携帯会社の提供するサービスと、スマホアプリの設定です。

それぞれの携帯会社では、迷惑電話を着信拒否するサービスを提供しています。

携帯会社の迷惑電話ストップサービスは、「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません。」などの音声ガイダンスで応答し、自動的に電話を終了させます。

自分の携帯電話に届く前にブロックされるので、着信履歴にも残りません。

着信拒否は、携帯会社の会員サイトから設定することもできますが、「144」に電話をかけて設定することもできます。音声ガイダンスに従って操作していきます。

・「144」にダイヤル
ネットワーク暗証番号を入力
着信拒否したい電話番号を入力して完了

ドコモは標準で利用でき、au、ソフトバンクの場合はオプションサービスの申込みが必用です。

スマホアプリでの着信拒否

もう一つの着信拒否の方法としては、iPhoneの電話アプリで「着信拒否」する方法があります。

拒否したい相手の連絡先を表示して、一番下にある「この発信者を着信拒否」をタップすると、かかってきた電話をアプリが自動的に切ってくれるようになります。

相手の電話には「ツーツーツー(拒否/話し中を表す)」という音が鳴ります。

連絡先を見ていると、「この発信者を着信拒否」という文字が赤いので、気になりますよね。

すでに着信拒否状態になっていると勘違いすることがありますが、まだ着信拒否にはなっていません。

iPhoneの赤い文字は、「注意が必要な操作」を意味しています。

通信サービスの着信拒否とアプリの着信拒否の違いも、先ほどと一緒ですね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[iPhone] 電話に「接続できませんでした」とは?【拒否と圏外】
タイトルとURLをコピーしました