【スポンサーリンク】

Google Search Consoleで「このプロパティへのアクセス権がありません」

Google Search Consoleにアクセスしたら、「このプロパティへのアクセス権がありません」と表示されました。

ポイント
  • Google Search Consoleで「このプロパティへのアクセス権がありません」と表示されても、サイトの所有権が確認できれば、再びアクセスできるようになる。
\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

「このプロパティへのアクセス権がありません」

このプロパティへのアクセス権がありません

ログイン中のアカウント:〜@gmail.com

プロパティ:https://〜.com/

このプロパティにアクセスできるアカウントでログインするか、プロパティ所有者にアクセス権限をリクエストしてください。

それ以外の場合:[所有権を証明]

Google Search Consoleでの「プロパティ」は、「ウェブサイトの統計情報」のことです。

Googleアカウントがログアウトしているわけではなく、統計情報へのアクセス権が外れてしまったようです。

はじめての経験ですが、たまにこういうがあるのでしょうか?

「サイト管理者に統計情報へのアクセス権を設定してもらうように」と書いてありますが、このアカウントがサイト管理者なんですよね。

所有権の証明

「所有権を証明」のボタンを押してみると、少し待って「所有権を自動確認しました」と表示されました。

「プロパティに移動」を押すと、ちゃんとGoogle Search Consoleにアクセスできました。

所有権を自動確認しました

確認方法:
HTMLタグ, Google タグ マネージャー

確認状態を維持するために、サイトのホームページからメタタグを削除しないでください。

確認情報を維持するために、設定 > 所有権の確認 で複数の確認方法を追加することをおすすめします。

何が起こったかというと、Google Search Consoleのシステムが ウェブサイトにアクセスして、このアカウントのGoogle Search Consoleのタグがあるか確認した、ということです。

機械的にアクセスして確認できるなら、エラー表示される前に確認しに行ってくれればよいのに……。不思議なものですね。

ウェブサイトの所有権の確認方法

Google Search Consoleのメニューから「所有権の確認」の設定をみてみます。

他にも、いくつかの確認方法がありました。

「所有権の確認」は、Google Search Consoleに指定された情報(タグやHTMLファイル)をウェブサイトにつけることで、管理者アカウントを確認しています。Google Search Consoleをはじめて利用するときに必要な手順ですね。

こちらもどうぞ。
GoogleサーチコンソールのURL検査と検索の仕組み(フェッチ)
せっかく作ったホームページ(ウェブサイト)、なるべくならたくさんの人に見てもらいたいものです。 サイトに人が来るきっかけは大きく分けて2つ。 「検索」と「SNS」です。 ということで、この記事ではそのうちの「検索」について、Google検索の仕組みをGoogleサーチコンソールと絡めて解説していきます。 【簡単版】URL検査とインデックス登録のリクエストの手順 まず、かんたんな手順の紹介から。 こ...

Goolgle XML Sitemapsプラグインが検索で見つからない(改名していた)
以前に紹介したGoolgle XML Sitemapsプラグインを、別サイトで利用しようとしたら、検索で見つかりませんでした。 ポイント 「Google XML Sitemaps」から「XML Sitemaps」に名前が変わっていました。 プラグイン検索で見つからない プラグインで「Google XML sitemaps」で検索(2021年3月) 3ヶ月前は確かにあったんです。 プラグインで「Go...

Google Search Consoleのスクリーンショットは公開してよいのか?
Google Search Consoleは、自分のサイトを登録して、検索パフォーマンスを集計するためのツールです。 この集計されたデータは規約上 公開してよいものなのか、確認してみました。 結論としては、サイト管理者の許可があれば大丈夫とのことです。 ネットに情報をアップするときに気をつけること データを公開してよいのかの基準には、以下のようなものがあります。 著作権・知的財産権プライバシー・肖...

急に Google Search Console にアクセスできなくなった?【プロパティのアクセス権】
トップページの Googleタグマネージャーのスクリプトを停止したために、Google Search Console でのサイトの所有権の再確認が必要になりました。 今回は サイト内に確認用HTMLファイルを設置する方法にしました。 サイトの所有権がわからなくなった Google Search Consoleにアクセスしようとしたら、エラーになりました。 このプロパティへのアクセス権がありませんロ...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
Google Search Consoleで「このプロパティへのアクセス権がありません」
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました