スポンサーリンク

PayPayの決済サービスIDを知りたい(マイナポイントの申込み)

インターネット小話スマホ基礎
ポイント
  • 決済サービスID」は、PayPayの場合、登録している電話番号のことです。
    例:09012345678

マイナポイントを受け取るには、決済アプリと連携する必要があります。このとき、どのアカウントにポイントを付与するか、を示すのが「決済サービスID」です。

「決済サービスID」は、「銀行コード」のような「決済業者のID」と勘違いされやすいですが、利用者の個人IDです。つまり、「(マイナンバーではなく)決済サービスでのID」という意味です。

スポンサーリンク

マイナポイントの申し込みまでの流れ

マイナポイントは、決済アプリへの入金時にポイントが付与されるルールになっています。

例えば、PayPayのチャージでマイナポイントをもらいたい場合、PayPayから申し込みます。

ただし、マイナポイントは、まず「予約」して置かないと、「申込み」できません。

マイナポイント申込みまでの主な流れ
  1. マイナンバーカードを「発行」しておく。
    (必要なものを揃える)
  2. マイナポイントの「予約」をする。
    (手を挙げる)
  3. 利用決済サービスを選んで申込む。
    (どこにポイントを付けるか指定する)
出典:マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

マイナポイントの予約

マイナンバーカードは、自治体などで発行してもらいます。発行には時間がかかることもあるので、余裕を持って手続きしましょう。

マイナンバーカードを受け取ることができたら、次は予約と申し込みです。これは、スマホの「マイナポイント」アプリから操作できます。

まずは、マイナポイントの「予約」から、利用の意思表示をします。

出典:マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

ここで本人確認のために、マイナンバーカードのパスワードとICカードを利用します。

出典:マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

これで「予約」できて、申し込みできる状態になりました。

出典:マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

利用決済サービスを選んで申し込む

次は、「利用決済サービス」を選びます。

いろんなサービスで対応しているので、好きなものを選びます。

出典:マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

選んだ決済サービスの IDとセキュリティコードを入力します。

出典:マイナポイントの予約・申込方法 | マイナポイントの取得・利用まで | マイナポイント事業

「決済サービスID」は、決済サービスでの会員番号や口座番号のことです。

「セキュリティコード」は、マイナポイントの予約用に与えられているはずなので、確認します。

自分の決済サービスIDを確認するには?

決済サービスIDやセキュリティコードは、それぞれのサービスで確認します。

出典:ここに注意!マイナポイント取得までのつまずきポイント | マイナポイント事業

例えば、PayPayアプリでは、「マイナポイント」ボタンから確認できます。

PayPayアプリの決済サービスID
PayPayアプリの決済サービスID

PayPayの場合は、
・決済サービスIDは、登録した電話番号。
・セキュリティコードは、ランダムな4桁の番号でした。

マイナポイント申込みの本人確認

IDとコード、電話番号の下4ケタを入力して、「決済サービスの本人確認」ができたことになります。

PayPayから受け入れのOKサインをもらったのね。

あとは、もう一度 マイナンバーカードで認証して、マイナンバーの方の本人確認をします。

マイナンバーカードで申込み
マイナンバーカードで申込み

これで、申し込み完了です。

結果が反映されると(だいたい1日)、決済やチャージしたときにマイナポイントが余分に付加されるようになります。

政府と民間決済事業者が連携する仕組みだから、本人確認が複雑だったね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
PayPayの決済サービスIDを知りたい(マイナポイントの申込み)
タイトルとURLをコピーしました