スポンサーリンク

古い iPhone のデータを安全に消去したい【iCloudの同期をオフにする2つの方法】

インターネット小話スマホ基礎操作には要注意
Q
古い iPhone のデータを変にいじって、
新しい iPhoneの写真や連絡先が消えるのが怖いです……。
A

iPhoneには、iCloud(アイクラウド)という「同期」の仕組みがあります。
iCloudは、新しい iPhone に自動的にデータを移してくれる便利な機能です。

しかし、使わなくなった iPhone がそのままだと心配です。

そこで、古い iPhone では、
・「Apple IDのサインアウト」か
・「iCloud機能のオフ」にして、
iCloudによるデータ同期を解除しておく必要があります。

免責事項

なるべく正確な情報になるよう努力していますが、個々のPC/スマホにより状況は異なり、結果の保証はできません。
操作の際には、十分に注意の上、ご自身の判断と責任で行っていただくようお願いいたします。

キーワード
スポンサーリンク

iCloud の同期をオフにする2つの方法

使わなくなった iPhone からは、連絡先などのデータなどを消しておく方が安心です。ただ、うっかり新しい iPhone からも消えてしまっては困ります。

iCloudによるデータ同期を解除するには、大きく2つの方法があります。

一つは、Apple ID をサインアウトする方法です。
もう一つは、それぞれの iCloudの機能をオフにする方法です。

Apple ID をサインアウトする

Apple IDのサインアウトは、「設定」アプリから操作します。

「自分のアカウント名」をタップして、下までスライドすると「サインアウト」ボタンがあります。

古い iPhoneのApple IDをオフにする 【Apple IDのサインアウト】 – スマホ教室ちいラボ

「サインアウト」を選択すると、iCloudと同期したデータのコピーを 古い iPhone内 に残すかどうかを選択することができます。

「コピーを残す」

iCloudに同期してある個人データは、Apple IDからサインアウトするときに、
(1)iCloudから切り離して残すか、
(2)iPhoneから削除するか、
を選択できる。

古い iPhoneのApple IDをオフにする 【Apple IDのサインアウト】 – スマホ教室ちいラボ

コピーを残す」を有効にすれば、連絡先などを iCloudとは分離した状態で、iPhoneに残すことができます。反対に、「コピーを残す」を選択せずに「サインアウト」すると、iCloudに同期してあるデータ(連絡先、カレンダーなど)は、iPhoneから削除されます。

iCloudの機能をオフにする

もう一つは、iCloudの同期機能をオフにする方法です。

「設定」の「Apple ID」ー「iCloud」には、「ICLOUDを使用しているAPP」という項目があります。

それぞれの機能をオフにすることで、「同期」を解除することができます。

例えば、「写真」をオフにすれば、同期は停止されます。

古いiPhoneの「iCloud写真」をオフにすると どの写真が削除されるの? – スマホ教室ちいラボ

iCloudで管理している写真データについては、iPhone内から削除するか、残す(ダウンロード)するか、選択できます。

削除か? ダウンロードか?

iCloudに同期してある個人データは、iCloud機能をオフにすると、
(1)iPhoneから削除するか、
(2)iPhoneにダウンロードして残すか、
を選択できる。

個人的なデータが連動する理由

そもそも、どうして古いiPhoneと新しいiPhoneが連動するの?

iCloud(アイクラウド)」は、iPhone内のデータを自動的に保管してくれるサービスです。

iPhoneの標準アプリは、iCloudと連携する前提で設計されていて、アプリ内の個人データをiCloudで保管しています。

  • 「連絡先」アプリ…… 氏名・住所などの情報
  • 「カレンダー」…… 予定の情報
  • 「ギャラリー」…… 写真データ
  • 「メモ」 …… メモ内容

iPhone には、AppleID を登録して利用する機能がいくつかあるのですが、iCloudはその代表格です。

Apple IDで登録するサービス
  • アプリの管理(iTunes Store・App Store)
  • データ保管(iCloud)
    • 端末管理(iPhoneを探す)
  • メッセージ(iMessage)
  • 音声・ビデオ通話(FaceTime)

iPhoneの初期設定で Apple ID を登録すると、これらのサービスが利用開始します。

iPhoneはiCloudにデータを自動的に転送する

iPhoneはこれらのデータを、インターネットに接続しているときに、iCloudサーバ(Apple社の大型コンピュータ)に自動的に転送しています。

もちろん、データを転送するかどうかは、設定でオン/オフを切り替えることができます。

このようにデータの保管場所を、iPhoneではなく、iCloudサーバにすることには、メリットがあります。

データを預けるメリット
  • 新しいiPhoneに、そのままデータを移行できる
  • iPhoneやiPad、Macなどを利用するときに、データを同期できる

データ移行が不要になる

これまでは新しいパソコンや携帯に切り替えたときは、「データ移行」ということが必要でした。

しかし、iCloudを利用すると、データ移行の操作そのものが不要になります。

iCloudが預かっているデータは、新しいiPhoneでは Apple ID にサインインするだけで、前の iPhone と同じ状態にすることができるのです。

自分の貯金箱が壊れたら、新しい貯金箱にお金を移す必要がありますよね。

でも、銀行にお金を預けていれば、新しい通帳やキャッシュカードにしても、そのまま引き出せます。

iCloudは銀行なのです。

ただし、iCloud は、iPhone内のすべてのデータを預かっているわけではないので、ご注意。

スマホやタブレットを複数持っていると……

もう一つは、「データ同期」です。

一人の人が、スマートフォンやタブレット、パソコンを使い分けることが増えました。
カレンダーの予定や、連絡先、メールやメモなど、どこに入力したか わからなくなってしまいます。

iCloud は、Apple ID でサインインしている機器で、データを同期します。

例えば、iPhoneとiPadを持っていた とします。

iPhoneで予定を入力すると、iCloudサーバに自動的に転送されます。

その後、iPadでカレンダーを見ると、入力した予定が iCloudサーバから転送されているのです。

これがほんの数秒でできます。

iPhone → iCloudサーバ → iPad

同期しているデータを削除すると……

逆に、削除の場合も同様です。
つまり、iPhoneで予定の削除したり、iCloudに預けている写真を削除すると、iPadの方でも削除されます。

そうすると、一つ疑問が生まれます。

古いiPhoneで写真を消したら、新しいiPhoneの写真も全部 消えちゃう……?

これは半分正解で、半分不正解です。

もし、古いiPhoneのギャラリーから写真を削除していけば、iCloudから写真が削除され、新しいiPhoneでも反映されます。
これが半分正解。

しかし、iCloud で同期されなければ、古い iPhone のデータを消去できます。
Apple IDのサインアウト、つまり接続を切ればよいのです。

古い iPhoneのApple IDをオフにする 【Apple IDのサインアウト】 – スマホ教室ちいラボ

Appe IDにサインインすると、インターネット上にデータを保管し、いつでも引き出しにいく状態になっています。

逆に、サインアウトすると、そのiPhoneから新たにデータを送受信できなくなります。

もちろん、Apple ID のアカウントはそのままなので、iCloudに保管しているデータは消えません。

また、iPhone内のデータは、サインアウトするときに「コピーを残すかどうか」選択できます。

iCloud との接続を切った iPhoneで予定を入力しても、もう iCloudには送信されないため、新しい iPhone には影響を与えません。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
古い iPhone のデータを安全に消去したい【iCloudの同期をオフにする2つの方法】
タイトルとURLをコピーしました