スポンサーリンク
スポンサーリンク

家族で Apple ID が一緒だとどうなる? 【アカウント管理】

インターネット小話スマホ基礎

わからないから、家族に iPhone の契約をしてもらったんだけど、設定に家族の名前があるんだよね。

これって、自分用にしなくていいの?

夫婦や親子など、相手が「アカウント管理」に不慣れな場合、共通のApple IDを登録しようと考えるケースがありますよね。しかし、iPhone を使い始めていくと、家族の同じ Apple ID で利用すると、後からさまざまな問題が出てくるので、ちょっと注意が必要です。

まとめ
  • 家族で同じ Apple ID を使い回すと、お互いにプライバシーが守れない。
  • 個別に Apple ID を作成して「ファミリー共有」するのが基本。
スポンサーリンク

無意識に利用している Apple ID のサービス

iPhoneを初期設定するときに Apple ID(アップル・アイディ) というアカウントを登録をします。

Apple ID は、Apple社の会員登録のことで、いくつかのサービスを利用できます。

Apple IDの主なサービス
Apple ID のサービス
  • アプリの追加(App Store / iTunes Store)
  • データの保管(iCloud)
  • メッセージ(iMessage)
  • ビデオ通話(FaceTime)

わたしは使わないから、関係ないねー

実は、iPhone では はじめから有効な設定になっているので、自分で「オフ」にしないかぎり、無意識のうちに利用していることになります。

支払い情報が一緒

Appleでは、アプリや音楽の販売や有料の月額サービスをしています。

そこで、Apple ID にはクレジットカードなどの支払い情報を登録します。

逆にいうと、支払い情報を「なし」にしていれば、間違って購入することもありません。

Apple ID — 支払いと送付

このお支払い方法はiTunes、iCloud、App Storeなどでご利用いただけます。

ところが、家族が支払い情報を登録していると、自分のiPhoneでも購入できてしまいます。もし、自分のiPhoneで支払い情報を変更すると、家族のiPhoneでも変わってしまいます。

写真などのデータが「混ざる」

iPhoneには、iCloud(アイクラウド)というデータ保管サービスがあり、通常 有効になっています。

iPhoneで写真を撮影したり、カレンダーに予定を追加すると、自動的に iCloudサーバ というデータ管理センターに送信されます。

送られた写真や予定は、同じApple ID の家族のiPhoneにも送られてしまいます。

つまり、自分の登録した予定が、家族のiPhoneのカレンダーにも記入されてしまうのです。

この仕組みを「同期」といいます。

はじめは気にならないことでも、iPhoneをだんだん使っていくと、いろんなデータが共有されてしまうのは、ちょっと気持ち悪いですよね。

iCloudの機能をオフにすることもできますが、そうするとデータのバックアップができないのも不便です。

位置情報がわかる

iCloudには、「iPhoneを探す」という機能があります。

「iPhoneを探す」をオンにしていると、定期的に管理センターに位置情報を送信するようになります。

iPhoneを探す

この位置情報は、iPhoneを紛失したときに探したり、遠隔でデータを消去したりするのに使われます。

しかし、「iPhoneを探す」アプリを使うと、家族の iPhone のお互いの位置がリアルタイムで見えてしまいます

慣れてきたら Apple ID は自分のものを

慣れないうちは「わざわざ自分用の Apple ID は必要ない」と思う人も多いですが、個人で使う iPhone は、利用の幅が広がると 自分用の Apple ID がないと不便です。

一つの アカウント には、さまざまなサービスや機能が関連しています。

App StoreやiTunesにはクレジットカード情報が入っているので、アカウントを分ける方が安全ですし、iCloudではデータや位置情報が共有されます。

はじめはアカウントを共有した場合も、iPhoneを使う機会が増えていくタイミングで、自分のアカウントに切り替えれば大丈夫です。

自分のApple IDを作るときには、今のApple IDをiPhoneから解除する必要があります。そのときには、今 設定しているApple IDのパスワードが必要になります。
(これは、第3者に iPhone を勝手に初期化されないためのセキュリティです)

家族でApple IDを共有するのは規約違反か?

そもそも、Apple ID を家族で共有することは 規約違反になるのでしょうか?

おそらく問題はないと思うのですが、確証がありません。

Apple IDは、基本的には「個人単位」で利用するものです。

固定電話などの契約では「個人の契約」というよりは「世帯ごとの契約」になっていることが多く、「Apple ID」でも同様に「家族の契約」として利用しがちです。

しかし、Apple メディアサービス利用規約によると、Apple ID は、基本的に個人で契約しているサービスです。

以下の利用規約は、お客様と Apple との間に締結される契約 (以下「本契約」という) です。

(中略)

本契約は、コンテンツ、App(以下に定義)、その他の App 内サービス (以下、総称して「本コンテンツ」といいます) の購入、取得、使用許諾、レンタル、購読を介したお客様による Apple のサービス (以下「本サービス」という) の利用に適用されます。

Apple メディアサービス利用規約

お客様による Apple のサービスの利用」とあるので、契約した本人だけが、アプリなどを取得、利用できることになります。

他人にアカウントを利用させることについては、アカウント管理の責任について書かれてあるだけで、これ以外に 他人にアカウントを利用させることを、はっきり禁止する規約は見つけられませんでした。

お客様のアカウントは大切なものであり、機密性と安全性の管理はお客様の責任となります。 お客様のアカウントが不正使用され、損害を被ったとしても Apple は一切責任を負いません。

Apple メディアサービス利用規約

Apple ID には、「ファミリー共有」というシステムがあるため、家族で利用する場合には、個人用の Apple ID を作って連携することが、基本的な利用方法です。

家族が有料アプリなどを同じアカウントで利用した場合、厳密には不正に「名義を貸し」て利用していることになる恐れがあり、注意が必要です。

ちなみに、完全な他人との共同利用は、よくないです。個人利用の範囲を超えるからです。

お客様は、個人的、非商用目的での使用に限って本サービスと本コンテンツを利用することができます

Apple メディアサービス利用規約
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
家族で Apple ID が一緒だとどうなる?  【アカウント管理】
タイトルとURLをコピーしました