スポンサーリンク
スポンサーリンク

macのエディタでmiをインストールした話

わたしは、文章をメモするときにテキストエディタを利用しています。

起動が早いからです。

スポンサーリンク

テキストエディットはプレーンテキストのエディタではない

ところが、macのデフォルトのテキストエディタは、「テキスト エディット」は、起動すると「ファイルを選ぶ画面」が表示されます。

すぐに白紙が表示されないんですね。

しかも、ファイル形式は「リッチテキスト形式」になっています。

軽快にプレーンテキストを編集したい、という用途のアプリではないようです。

メモアプリでもいいけれど……

「メモ」アプリでもよいのですが、勝手に1文目が太字になったり、ちょっと違う……

ただ、メモアプリはファイルの保存を意識しないで済むので、重宝しています。

でも、コードの編集などでは、勝手に入る書式がちょっと不安です。

そこで、別のエディタを探しました。

これまで使ったものを順に紹介すると……

  • Atom
  • Noto
  • mi

結果的には、miで落ち着いています。

まず、第一候補だったのがAtom

Atomは、非常に拡張性のあるエディタで、よくおすすめされています。

ただ、自分の場合はやや起動に「もっさり」するのがダメでした。

パキッとすぐ起動してほしいのです

次の候補はNoto

今度は、macのApp Storeでシンプルなエディタを探してみました。

それがNoto。

軽量でプレーンテキストを扱えるのですが、残念ながら起動時がファイル選択。

編集画面はシンプルで、好きなんですけどね。

miにしてみた

mi(エム・アイ)も有名なエディタです。

最終的にはこれに落ち着いています。

ぱっと起動するし、ある程度のコード編集機能もあります。

正規表現で指定する「見出しリスト」があるのが嬉しいです。

miをインストールする

公式サイトで最新版をダウンロードして

インストールします。

ドラッグだけで簡単。

タイトルとURLをコピーしました