AMPページのクリックURLを記録しようとしたら、うまくいかなかった 【Google タグマネージャーの組込み変数】

Googleタグマネージャーで、外部サイトのクリック数を計測したところ、アクセスの半分は計測できたものの、AMPページでうまくいきませんでした。

GoogleタグマネージャーのAMPコンテナについて、レポートします。

スポンサーリンク

クリックURLを計測したいならタグマネージャ

外部サイトのクリック数を計測したいと思いました。

紹介したどのページがアクセスされているのかな……

ウェブサイトのアクセス解析にGoogleアナリティクスを使っていますが、通常の設定では計測できません。

それにはGoogle タグマネージャの設定が必要になります。

クリックURLを計測するまでの大まかな流れ
  1. Google タグ マネージャの利用登録をする
  2. アカウントを追加する
  3. コンテナを追加する
  4. ウェブサイトにコンテナのコードを追加する
  5. 組込み変数を追加する
  6. トリガーを追加する
  7. タグを追加する

ざっと流れを見てみると、まず、アカウントとコンテナを作成します。

タグマネージャーでアカウントとコンテナを作成

ウェブサイトにコードを挿入します。

タグマネージャのコードをウェブサイトに挿入する

外部リンクを計測するタグを設定する

外部リンクのクリックを計測するタグを作るには、トリガーの設定が必要で、トリガーの設定には、組込み変数が必要です。

タグとトリガー・組込み変数の関係
タグとトリガー・組込み変数の関係

そこで、「変数」から、計測するための組込み変数を追加して、

Click URLの組込み変数をオンにする
Click URLの組込み変数をオンにする

組込み変数を利用して、計測タイミングのトリガーを設定します。

トリガーを追加する
トリガーを追加する

これで下準備ができたので、トラッキングするタグを設定します。

タグの設定をする

必要な部品を揃えていく感じです。

Google タグ マネージャーとは?

「Google タグ マネージャー」というサービスがあります。

ここでいう「タグ(tag)」は、アクセス解析やサイト分析などに使うコードのことです。

Google AnalyticsやGoogle広告など、サイトを分析するサービスはたくさんあります。このようなサービスでアクセスを計測するには、ウェブサイト内にコードを追加しておく必要があります。

これが、「タグ」です。

複数のサイト分析サービスを利用していると、タグもどんどん増えて複雑になります。

ウェブサイトのどこに記述したのかわからなくなると、集計方法を変更したりしにくくなります。

それを解決するのが、Googleタグマネージャです。

ウェブサイトにタグマネージャのコードを挿入しておけば、Google タグマネージャからタグの追加や削除を一括で管理できます。

ウェブサイトにアクセスされたときに、タグマネージャのコードが設定されたタグに置き換わるのです。

ウェブコンテナとAMPコンテナ

さきほどの外部サイトのクリック数は、ウェブアクセスでは計測できるようになりました。

しかし、AMPページでのクリック数は反映されていません。

タグマネージャには、ウェブコンテナとAMPコンテナという2つの入れ物があります。

ウェブコンテナは、通常のウェブアクセスで表示されるタグ。

AMPコンテナは、AMPページで表示されるタグです。

タグマネージャーのコンテナの種類

AMP用のGoogle Analyticsの組込み変数は少ない

そこで、AMP用のコンテナにクリックイベントを計測するタグを追加しようとしたんですが、うまくいきませんでした。

AMP用のGoogle Analyticsの組込み変数は、ウェブアクセス用に比べて少なかったからです。

用意されている組込み変数がウェブとAMPで違う

AMPページのクリックURLの計測方法がわかったら、また追記します。

タイトルとURLをコピーしました