macOS Big Sur 11.0.1で親指シフトできるのか?【実際にアップデートを試してみた】

スポンサーリンク

macOSの更新通知が来たので、さっそく更新してみました。

親指シフトの入力支援アプリなどが動作するか心配だったのですが、無事に利用できました。

今回は、macOS Big Surアップデートの流れをレポートします。

伝えたいこと
  • かなり大きなアップデート!
  • ネットで不具合を確認してから更新した方が安心
  • 親指シフト環境は問題なく使えた
  • 空き容量が思った以上に必要(約50GB)
注意事項

macOS Big Surのアップデートは、か な り 大きな変更です。
古いmacだと動作しなくなることもあるので、十分にご注意ください。

検証環境は、MacBookAir8,1(2018)macOS Catalina 10.15.7です。

スポンサーリンク

Big Surへの更新の通知が出た

「アップデートがあります」という通知があります。

「アップデートがあります」の通知

「インストール」を押すと、「ソフトウェア・アップデート」の画面です。

「ソフトウェア・アップデート」の画面にmacOS Big Surの表示

macOS Big Sur?
メジャーアップデートなのか……

久々の大型アップデート

なにやら見慣れない名前があります。

これまでmacOS Catalina(カタリナ)だったのが、今回はmac OS Big Sur(ビッグ・サー)。

久々のメジャー・アップデートです。

カタカナ語の意味調べ

機能や画面の大きな変更があるときに、「メジャー・アップデート」といいます。つまり、「大型の機能更新」です。

反対に、不具合の修正や微調整の場合は、「マイナー・アップデート」といいます。

メジャー(major)は「大きい」、マイナー(minor)は、「小さい」の意味ですね。

そもそも「Big Sur(ビッグ・サー)」ってどんな意味?

そもそも、「ビッグ・サー」ってなんなの?

余談ですが、ウィキペディアで調べてみると、「ビッグ・サー」というのは、カリフォルニアにある地名のようです。

カリフォルニアのBig Surの風景と地図

「Big Sur」なかなか耳慣れない単語ですが、それもそのはず。スペイン語と英語の混ざった言い方です。

もともとは、西欧から最初に訪れたスペイン人が”el sur grande(大きな南)”と呼んだ絶景スポットでした。それが、grandeの部分だけ英語になって、「Big Sur」という地名になっています。

確かに「Big South」だと雰囲気でないですよね。

カリフォルニアには、ロサンゼルス(Los Angeles)など、このようなスペイン語由来の地名が残っています。

同時にSafariもアップデートされます

ソフトウェア・アップデートの「詳しい情報」を見てみると、同じアップデートに、Safari 14.0.1もありました。

Safariのアップデート内容

さて、「今すぐインストール」を押してみます。

ホントはもう少し様子を見てからでもよかったです💦

後からみると不具合の報告もあったので。

ダウンロードサイズは12.18GB

まずは、ダウンロード。

データサイズは「12.18GB」なので、やっぱりかなり大きいですね。

macOS Big Surをダウンロード中

ダウンロードが完了すると、インストール画面です。

使用許諾契約に同意する必要があります。

macOS Big Surの使用許諾契約の同意画面

同意すると、インストールするディスクを選択します。

macOS Big Surのインストールディスクを選択する

アップグレードにはさらに空き領域が必要(33.75GBも!)

ところが、ここで問題発生。

選択したボリュームの空き領域が不足しているため、OSをアップグレードできません

HDDの空きが「27GB」あったんですが、さらに「6GB」ほど空き領域が必要とのこと。

選択したボリュームの空き領域が不足しているため、OSをアップグレードできません。あと 〜〜 GBの空き領域が必要です。

計算してみると、「33.75GB」の空き領域が必要ということになります。

ダウンロードデータと合わせると容量が50GBほど必要ってすごいですよね。

がーん……

システムデータをアップグレードするときに、あっちへコピーしたり、こっちへコピーしたり、作業領域が必要なんでしょう。

部屋の模様替えと一緒で、ぎちぎちの状態では、動かすこともできません。

ということで、不要なデータを別の外付けドライブに移動しました。

ファイルを外付けドライブに移動中

どうでもよいことですが、ファイルをドラッグするときに、シフトキーかコマンドキーを押しながらすると(本来 シフトキーが正解なはずですが、なぜか自分のmacではコマンドキーでした)、コピーではなく移動することができ、元のファイルを削除できます。

いよいよインストール!

空き領域が十分にあれば、インストールできます。

コンピュータを電源に接続していないと、注意喚起のメッセージが表示されます。

コンピュータが電源に接続されていません

電源につないで「続ける」と、パスワード入力です。

管理者としてログインする必要があります。

管理者権限のアカウントでパスワードを入力すれば、晴れてインストール開始です。

macOS Big Surのインストール中

かなり時間(合わせて約30分ほど)がかかります。

無事にアップグレードできました

このMacは最新の状態です

確かに、いろいろ画面が変わっています。

例えば、ウィンドウのデザインが全体的にちょっと変わっています。

macOS Big SurのFinderの画面

アップデート完了後の空き容量を確認

アップデート後の空き容量を見てみると「46.83GB」とあります。

最初には50GBほどの空き容量が必要でしたが、システムそのものは正味5GBほどだったようですね。

思いがけずHDDの中身がすっきりしました。

気になる不具合の報告は?(親指シフト関連)

サードパーティの動画編集アプリなどで対応していなくて、不便を感じる方もいるようです。

わたしの場合は、インターネット・メール・メッセージの入力がメインなので、Big Surでも不自由なく利用できています。

macbook Airも2018年製なので、まだまだ安定している方なのかもしれません。

入力では「親指シフト」という設定をしています。

入力支援ツールの動作状況を見てみると……

LacailleはBig Sur で動作する

親指シフトツールのLacailleは、問題なく動作しています。

公式サイトでも、Big Surがサポート対象に入っています。

LacailleはmacOS Big Sur 11.0で動作する

Karanbiner-Elements(v13.1.0)も動作する

キーバインド変換ツールのKarabiner-Elementsも常駐していますが、正常に動作しています。

Karabiner-ElementsもmacOS Big Surをサポートしている

Clipyも要件を満たしてる(はず)

クリップボード活用ツールのClipyもよく使っています。

こちらも問題なく利用できています。

ClipyはmacOS 10.10以降のシステムで動作する

ということで、今のところ不自由なく利用できています。

ご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました