iPhoneでソフトウェア・アップデート、どうしたらよい? 【設定アプリとiOS】

スポンサーリンク

iPhoneを使っていると、たまに「ソフトウェア・アップデート」という通知が表示されます。

スポンサーリンク

ソフトウェア・アップデートの意味は?

これは、iOSという基本システムの「更新(アップデート)」のお知らせです。

セキュリティの問題を修正したり、新しい機能が追加されると、最新の状態にするように通知が届きます。

この「最新の状態にすること」を「更新」といいます。

「ソフトウェア・アップデート」は基本システムの更新で、データサイズが大きく、Wi-Fiに接続していないと、更新が開始しません。

ですので、人によっては更新されず、そのままになっていることも少なくありません。

iOSを更新しないと、アプリによっては使えなくなる

ちなみに、古いiOSのまま更新をしないとどうなるのでしょう?

すぐに問題があるわけではありませんが、セキュリティ面の改善がされなくなるのが心配です。また、アプリによっては「このアプリケーションにはiOS〜〜が必要です」と表示され、利用できなくなることがあります。

ソフトウェア・アップデートをするには?

ソフトウェア・アップデートをするには、「設定」アプリを使います。

「一般」の中に「ソフトウェア・アップデート」の項目があります。

もし、まだ更新できていないデータがあれば、更新内容が表示されます。

iPhoneでソフトウェア・アップデートを表示する

Wi-Fiに接続していないと、「ダウンロードしてインストール」がグレーになって無効な場合があります。「このアップデートをダウンロードするにはWi-Fiネットワーク機能が必要です」と表示されているので、Wi-Fiに接続するようにしてください。

「設定」アプリにはほかにもいろいろな機能がある

iPhoneでは「設定」アプリをみるのが、「使いこなし」のコツです。

例えば、

  • 「モバイル通信」……携帯通信の利用データ量を確認できる
  • 「通知」……アプリの通知のオン・オフを変更できる
  • 「アカウントとパスワード」……「メール」アプリに登録している自分のメールアドレスを確認できる
設定アプリのいろいろな機能

モバイル通信の利用量を確認する

携帯電話の契約プランを見直すためには、自分がどれぐらいモバイル通信を利用しているのか知る必要があります。

iPhoneでは、「設定」アプリの「モバイル通信」から、合計のデータ使用量を確認することができます。

モバイル通信のデータ量

画面下までスライドすると、いつからの集計なのかもわかります。

プランを変更しようとするときには、いったん集計をリセットしてから、一ヶ月ほど様子を見るとよいです。

通知バッジ

LINEやメールなどの「通知」。

特に、アプリのアイコンの右上に表示される数字を「通知バッジ」といいます。

通知バッジのオン・オフを切り替える

もし、ニュースアプリなどで通知が頻繁で煩わしいときは、バッジをオフにすることができます。

逆に、メッセージアプリの通知バッジが表示されなくなってしまっていたら、「バッジ」をオンにして、戻すことができます。

タイトルとURLをコピーしました