スポンサーリンク

なぜかauメールで受信できない相手がいる? 【メールサーバーのフィルタリング】

友達からメールを送ってもらっても届かないことがあるんだよね。

こっちから送ったメールは、相手に届くんだけど……

携帯電話のメールを使っていると、「受信できない」というケースがあります。

スポンサーリンク

相手に届いたメールは「アドレス不明」

試しにメールを送ってみましょう。

すると、「アドレス不明で配信できなかった」というメールが返ってきました。

Mail Delivery Subsystem

アドレス不明

アドレスが見つからなかったか、メールを受信できないアドレスであるため、メールは〜〜に配信されませんでした。

リモート サーバーからの応答:
550 <〜〜>: User unknown

メール相手にも、「メールアドレスが届かなかった」というメールが返ってきているそうなので、同じ現象です。

「Mail Delivery Subsystem(メール配信サブシステム)」からのメールを見ると、メールの送受信でうまくいかない原因のヒントがわかります。

User unknow(ユーザー不明)」というエラーは、通常 メールアドレスを入力し間違えたときに返送されてきます。

他にも、送り先のメールアドレスが今は使われていないときに表示されます。

アドレス不明が返ってくる主な理由
  • 送信先のメールアドレスを入力し間違えた
  • 相手のメールアドレスがすでに解約されている
  • 相手のフィルタリング規制に引っかかっている

ですので、まずはメールアドレスが正しく入力されているか、確認します。

正しいメールアドレスに届かないのは?(フィルタリング設定)

しかし、今回は確認してみても、正しいメールアドレスでした。

正しいメールアドレスなのに届かない場合は、迷惑メールやなりすましメールなどとみなされている可能性があります。

受信メールを自動的に排除する設定、これを「フィルタリング」といいます。

例えば、auケータイの場合には、9つのフィルタリングがあります。

引用元:フィルタリングの優先順位(日本データ通信協会)

このフィルタリングのいずれかによって、送ったメールがブロックされている可能性があります。

9種類もフィルターがありますが、4つに分類して整理しましょう。

フィルタリングの4分類
  • リスト管理 … 自分でブラックリストを管理
  • HTMLメール … メール本文の機能を制限
  • なりすましメール … メールアドレスの機能を制限
  • 迷惑メール自動判定 … メールサーバーがブラックリストを管理

リスト管理(受信リスト・拒否リスト)

まずは、自分で受信しないメールアドレスを設定する「リスト管理」です。

迷惑メールを送ってくる相手をブロックするのが、「拒否リスト」。

反対に、知合いからのメールが「迷惑メール」に分類された場合は、「受信リスト」に入れておけば、届くようになります。

「メールのドメインをブロックしている」とは?

個々のメールアドレスを登録したり、メールのドメインを指定したりすることができます。

ドメイン?

「ドメイン」は、メールアドレスの@(アットマーク)以降の部分で、メールアドレスを管理するサーバを表しています。つまり、どの通信会社がメールアドレスを作ってくれたか、がわかります。

迷惑メールの場合は、ランダムのメールアドレスを作って送られてくることが多いです。

例えば、Amazonを詐称する迷惑メールは、「amazon@amazoncssw.xyz」というメールアドレスから届いたことがあります。

その場合、犯人は同じメールサーバを利用してくることが多いので、「@amazoncssw.xyz」からのメールを一括してブロックします。

反対に、Gmailやyahooメールなどをドメインごとブロックしてしまうと、知り合いからのメールが届かなくなることがあります。

ポイント

メールサーバ自体が怪しいときは、ドメインごと拒否リストに入れる

メールサーバーで設定するか、自分のスマートフォンで設定するか

受信リスト・拒否リストは、メールサーバで設定するので、やや面倒ですが強力です。

それに対して、「アドレス帳の受信設定」は、スマートフォンの方で操作できます。

今回のように「受信できない」というケースには、あまり当てはまりませんね。

HTMLメールをブロックしている

HTMLメール」というのは、ウェブページと同じ形式で書かれたメールです。

反対は、文章だけの「テキストメール」です。

HTMLメールは、テキストメールと違って、画像を表示したり、リンク・ボタンを配置したりできます。

  • HTMLメール …… リンクやボタン・画像あり。便利な反面、詐欺サイトへの誘導もできてしまう。
  • テキストメール …… 文章のみの電子メール。

URLリンク規制」はもっと厳格な規制で、URLリンクを含むメールを弾きます

HTMLメールをブロックするメリット・デメリット

これらの規制は、偽サイトに誘導されるのを防ぐためのものです。

ただ、HTMLメールはいろんなウェブサイトの登録確認でも利用されています。受信拒否にしてしまうと、ウェブサービスの登録ができなくなってしまいます。

URLリンク規制」を設定すると、メールマガジンや情報提供メールの受信、あるいは一部のケータイサイトへの会員登録などができなくなる場合があります。

HTML規制」を設定すると、メールマガジンやPCから送られてくるメールの内容にHTML形式の記述が含まれると、それらのメールが受信できない場合があります。

URLリンク/HTMLメール規制(au)

もともと、パソコンではウェブサイトを利用するためにHTMLメールの利用が広がったのに対して、携帯電話ではパケット通信料がかかるので、インターネットを利用しないことも多く、HTMLメールを受信しない設定が一般的でした。

しかし、スマートフォンになると、パソコンと同じように、いろんなウェブサイトの登録などでメールを利用します。HTMLメールの利用が一般的になっています。

「シニア向け」の設定では、「どうせウェブサービスを利用しないだろう」という考え方で、「HTMLメール」をブロックする設定になっていることがあります。

ポイント

HTMLメール規制あり…「メールは友だちとのやり取りだけ」という人向け。

HTMLメール規制なし…「ウェブサービスも利用したい」という人向け。

「なりすましメール」がブロックされる

なりすましメール」とは、「送信元のアドレスを偽って送られてくるメール」です。

メールアドレスには、送信元のアドレスが表示されていますが、それは送信者が自由に変更できます。

手紙でも送信者の住所は自由に書けますよね。

そうすると、送信元アドレスをAmazonやヤマト運輸など有名な会社に詐称して、送ってくるケースがあります。

しかし、そういうメールでも、どのメールサーバから送ってきたかはメールデータに記録されています。

いわば消印のようなものです。

メールに記載されている「送信元アドレス」と、メールデータに残っているアドレスが違う場合を、「なりすましメール」と認定するわけです。

手紙で言えば「住所と消印の場所が合わない」ということですね。

「なりすましメール規制」のデメリット

ただし、「なりすましメール規制」には、デメリットもあります。

悪意のある「なりすましメール」以外でも、メーリングリストやウェブサイトを通したやり取りの場合には、送信元のアドレスを書き換えている場合があります。

例えば、メーリングリストだと、Aさんはメーリングリストサービスにメールを送って、サービス側が登録している会員全員にメールを送り直します。

そのときは、メールの送信者は実際にはメーリングリストサービスなんですが、受信者にわかりやすいように、Aさんのメールアドレスを送信元アドレスにします。

「なりすましメール規制」では、そのようなメールもブロックされてしまいます。

「携帯電話・PHP以外のメール拒否」は、もっと厳格な規制で、パソコン関連のメールは一括で拒否する、というものです。

迷惑メール自動判定

ここまでのルールは、有効にすると全てのメールに適用される「絶対」のものでした。

ゆるくすると迷惑メールをブロックできなかったり、厳しくすると必要なメールが届かなくなったり。

それに対して「迷惑メール自動判定」は、微妙な迷惑メールのチェックをメールサーバが行います。

メールサーバはたくさんのユーザーのメールアドレスを管理しているので、よく受信拒否されていたり、HTMLメールの中身が「きな臭い」、送信元アドレスが偽装されている、などの報告が集まります。

それらの情報を総合的に勘案して、「迷惑メール」かどうかを判断してくれます。

メールサーバの自動判定なので「取り違え」もありますが、かんたんな設定で迷惑メールを排除することができます。

まとめ:スマホのメールと携帯のメールの違い

このようなメールのフィルタリングが導入されたのは、携帯メールとパソコンメールが区別して利用された時期です。

携帯メール vs パソコンメール の時代
  • 携帯メールは幅広い年代が利用するので、文章のやり取りに限定して、安全なメールのみを受信する
  • パソコンメールはある程度詳しい人が利用する前提で、ウェブサービスを便利に使う高機能なメールを受信できるようにする

ところが、スマートフォンが普及するようになって、パソコンと携帯の区別がなくなりました。スマートフォンでは、パソコンと同じようにインターネットを利用するからです。

携帯メールと同じフィルタリング設定のままで、スマートフォンを利用していると、「なぜか、うまくメールを受信できない?」ということになってしまいます。

「HTMLメール」や「なりすましメール」の危険性を理解した上で、受信できるようにする必要があります。

メールフィルタリングの設定をもう一度確認してみてください。

ポイント

スマートフォンでインターネットを利用するなら、携帯電話と同じフィルタリング設定では「厳しすぎる」かも?

受信できるようにするのが不安なら、ウェブサービスはパソコンでしか利用しない、というのもいいね。

そうなんですよね。便利さと安全性と、どっちを取ればよいのか。なかなか悩ましいです。

タイトルとURLをコピーしました