はじめてUber Eatsで注文してみました 〜その1 【新規登録編】

スポンサーリンク

ちょっといまさらですが、先日 Uber Eats(ウーバーイーツ)ではじめてデリバリーを注文した話です。

Uber Eatsの登録の仕方について、丁寧に説明してみました。ついでにパスワード自動生成や、アカウント接続についても触れています。

スポンサーリンク

急にクレープを食べたくなった

そもそもUber Eatsでデリバリーを頼もうと思った きっかけ は、家族でおやつにクレープを食べたくなったことです。

コンビニでクレープを買ってもよいのですが、せっかくの休日。

みんなでお店のクレープを食べたいですよね。

Uber Eatsでクレープを注文しました

インターネットで探してみると、一番近くでも家から自転車で10分以上。

うちは自家用車がないので、外食しようとすると大変なんです。移動中、高い確率でお腹を空かした子どもたちが ぐずり始めます。笑

家族4人分のクレープを買って、ぐちゃぐちゃにせずに戻ってくる自信がありません。

ということで、いま話題(少し落ち着いてきていますが……)のUber Eatsを使ってみることにしました。

Uber Eatsのデリバリーの仕組み

Uber Eatsは、お客さんとレストランとドライバーの3者をつなぐ、デリバリーサービスです。

Uber Eatsの参加者
  • お客さん(食べる人)
  • レストラン(作る人)
  • ドライバー(運ぶ人)

レストランは、Uber Eatsにメニューを登録します。

お客さんは、Uber Eatsで商品を注文します。

ドライバーは、Uber Eatsに登録して待機します。注文があると通知があり、レストランで商品を受け取り、お客さんに配達します。

お客さんのUber Eatsで支払った代金は、Uber Eats、レストラン、ドライバーの三者で分配されるのです。

Uber Eats 登録までの流れ

まずは、注文までの準備作業です。Uber Eatsに登録するまでの大まかな流れを説明します。

全部で7ステップです。

Uber Eatsの初期設定の流れ
UberEatsの初期設定
  1. UberEatsアプリをインストールする
  2. 電話番号を登録・認証する
  3. メールアドレスを登録する
  4. パスワードを登録する
  5. 名前を入力する
  6. 規約に同意する
  7. 配送先住所を登録する

Uber Eatsアプリをインストールする

まずはアプリをインストールします。

わたしはAndroidスマートフォンなので、Playストアで検索しました。

「うーばー」と入力するだけで、「Uber Eats」が候補に出てきます。

Uber Eatsアプリのインストール

どうでもいいけど、「ゆーばー」じゃなくて「うーばー」なのね。

カタカナ語の意味調べ

「uber」はドイツ語の「über(〜の上に)」という前置詞に由来します。英語の口語では、「超すごい」のような意味で使われます。

例えば、”uber-expensive car”だと、「超高い車」など。

電話番号の入力と確認

アプリのインストールができると、まずは電話番号の入力画面です。

携帯電話の番号を入力します。

固定電話はダメなの?

SMS(ショートメッセージ)を受け取る必要があるので、携帯電話番号にしてください。

携帯電話番号を入力する

「OTPコードを入力してください」

電話番号を登録すると「OTPコードを入力してください」という入力欄が表示されます。

確認コードを入力する

SMSで送られてくる4桁の確認コードを入力することで、登録した電話番号が本人のものか、確認します。

カタカナ語の意味調べ

「OTP」は「One-Time Password(使い捨てパスワード)」の略です。
有効期限が短い、一度しか利用しないパスワードです。

最近はスムーズで、SMSが届いたら自動的に確認コードが入力されて、次の画面に進みました。

アカウントを作成する

Uber Eatsをはじめて利用する場合は、ここでアカウント登録です。

Uber Eatsのアカウントを作成する

メールアドレスで登録するか、SNSのアカウントを使用して接続してください。

アカウントの「接続」とは?

最近は、アカウント登録で、GoogleやFacebookのアカウントと「接続」するという選択肢が用意されています。

メールアドレスとパスワードを決める代わりに、すでに取得しているアカウントを指定します。アカウントの連携の許可を聞いてくる画面になるので、「許可」すれば登録完了です。

アカウント接続のメリット・デメリット

アカウント作成がスムーズで便利
× 元のアカウントが使えなくなると芋づる式に使えなくなる

メールアドレスとパスワードを決める

今回は、基本に従って メールアドレスを入力する方法でアカウントを作成します。

メールアドレスを入力して、パスワードを作成します。

メールアドレスとパスワードを決める

Androidのパスワードの自動生成

ここで、Androidのパスワードの自動生成について説明しておきます。

Android 8.0(API レベル 26)以降には、「自動入力サービス」という機能があり、自分のGoogleアカウントでパスワードを管理することができます。

  1. Androidスマートフォンでは、パスワードを入力しようとすると、キーボード上に鍵のマークが表示されます。
  2. 鍵をタッチすると、スマートフォンは、そのURLアドレス用に保存されているパスワードを探してくれます。「安全なパスワードを自動生成」をタッチします。
  3. 「推奨パスワード」として自動生成されたパスワードが表示されます。「パスワードを使用」をタッチすると、入力欄にパスワードが入力されます。
Androidのパスワードの自動生成

以後、ログインするときも、同じGoogleアカウントであれば、管理されているパスワードを入力することができます。

これを「パスワードの自動入力」といいます。

Googleサービスに大きく依存してしまうことになりますが、この機能を利用するとパスワードを意識しなくても、安全にウェブサービスを利用できます。

わたしの場合は、一応 出てきたパスワードを自分でもメモしています。

名前を入力して、利用規約に同意する

名前は、Uber Eatsで配達される宛名になりますので、ニックネームはダメです。

Uberの利用規約に同意する

受け渡し場所を指定する

「受け渡し場所」というと、なんか刑事ドラマみたいな感じですが、要は配達先住所です。

Uber Eatsでは自宅以外にも、職場などいくつか配達先を登録することができます。

「位置情報へのアクセス」を許可すると、現在地の住所が選べます。

受け渡し場所を指定する

「配達の詳細」を入力する

位置情報からある程度、住所が入力されているので、細かな番地や部屋番号を追加して、住所を完成させます。

配達の詳細を入力する

ということで、これで登録は完了です。

Uber Eatsアプリの通常の画面になりました!

ここから、実際に注文をしましたが、少し長くなったので、続きは別の記事にしたいと思います。

「パスワード自動入力」や「アカウント接続」など、ちょっと脇道に逸れてしまいましたね。

メールアドレスの認証

おっと、そういえば、メールアドレスで登録したので、正しいメールアドレスか確認する必要がありました。

「メール」アプリ(わたしはGmailでした)を見てみると、Uberから確認メールが届いています。

「メールアドレスを確認する」をタッチすると、インターネット画面になって、「メールアドレスの認証が完了しました」と表示されます。

メールアドレスの認証

そもそもUberって何の会社?

あれ? このホームページはUberだね。
Uber Eatsのページじゃないんだ……

UberとUber Eatsの関係を少し説明しておきますね。

英語の 「uber」は「すごい」という意味だと説明しましたが、「Uber」はアメリカ合衆国のウーバー・テクノロジーズ社が運営する、配車サービスです。

Uber Eatsを利用するにも、Uberの会員になるわけです。

タクシー配車とシェアリング・エコノミー

Uberの原点はタクシーの配車サービスです。

日本では未登録のタクシー営業が認められていないので、タクシーの配車サービスになっていますが、アメリカでは個人でもタクシー側で登録できます。

自動車と時間のある人が、自動車のなくて困っている人に、自動車移動そのものを提供できるようにします。

シェアリングエコノミー

これまでも、使っていない車を貸し出す「カー ・シェアリング(自動車の共有)」というサービスがありました。Uberは、さらに一歩進んで、動いている車を貸し出す「ライド・シェアリング(乗車の共有)」というサービスになっています。

このように、活用されていない資源を、インターネットを使って必要な人と結びつける、という仕組みを「シェアリング・エコノミー(共有の経済)」といいます。

Uber Eatsは「出前」をシェアする

Uber Eatsは、Uberの一部門で、「出前サービス」です。

しかし、これも「シェアリング・エコノミー」の一つの形です。

Uber Eatsの特徴は、利用者が配達側になれることです。

ドライバーがスキマ時間で出前配達を請け負うことができるんです。

Uber Eatsのシェアリングエコノミー

Uber Eatsは、ドライバーと出前注文を結びつけることで、社会価値を生み出しています。

一方で、一般人(いわば素人)が出前配達をすることに対して、品質や安全性の問題も指摘されています。

Uber Eatsに対する懸念

・スピード重視で安全運転がおろそかなケースがある
・配達者と注文者が相対することでトラブルになる危険性がある(特に若い女性など)

Uberの金融サービス「Uber Money」?

そういえば、アメリカではUber Eatsのドライバー向けの決済サービス、Uber Moneyも始まっています。

Uber Moneyは、UberやUber Eatsのドライバーが、稼いだお金をアプリに貯めて、買い物に使えるという決済サービスです。

メルカリのメルペイみたいですね。

これまではドライバーは、稼いだお金をいったん銀行などに送金して、換金する必要がありました。

決済サービスと連携すると、送金手数料が不要になりますし、すぐに支払いに使用できます。

個人間の取引は、まだまだ未成熟のサービスです。

これからいろんなトラブルが出てくると思いますが、その都度 対処しながら成熟に向かっていくのだと思います。

ぜひ、試してみてください。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました