LiteSpeed Cacheプラグインが使えない場合があるのはなぜ?【レンタルサーバーの種類】

スポンサーリンク

WordPressには有料・無料、さまざまなプラグイン・テーマがあります。

LiteSpeed CacheプラグインもWordPressプラグインの一つですが、使える場合とそうでない場合があるということだったので、理由を調べてみました。

スポンサーリンク

キャッシュ化の仕組み

わたしがLiteSpeed Cacheプラグインを知ったのは、「サイトの接続スピードをあげよう」という調べ物をしていたときです。

サイトスピード向上には、いろいろな方法がありますが、そのうちの一つが「キャッシャ化」です。

インターネットのページでは自分のサイトだけでなく外部サイトのデータ(画像やスクリプトなど)を組み合わせて、訪問者に表示しています。

この「組み合わせ」を訪問者が来た時に毎回するのではなく、予め出来上がったものを用意しておくことで、スピードを速くしよう、というのが「キャッシュ」の考え方です。

カタカナ語の意味調べ

「キャッシュ」というと「現金(cash)」を連想しがちですが、これは「cache」です。デジタル用語になる前は、「隠し場所、貯蔵所」などの意味でした。

データを予め用意しておいて、「貯蔵しておく」イメージです。

一般的なキャッシュプラグインとLiteSpeed Cacheを選んだ理由

キャッシュ化のプラグインはいろいろあります。

一般的なキャッシュプラグインだと、WP Super Cache、W3 Total Cache、WP Fastest Cacheなど。

いろいろ迷いますが、利用しているレンタルサーバー(mixhost)のヘルプによると、「LiteSpeed Cache」がオススメ、ということで導入しました。

サイトの高速化には、サーバーに依存する部分がありますので、公式サイトの情報は大事。

そもそもLiteSpeedとは?

WordPressならLiteSpeed Cacheプラグインが使える、というわけではありません。

はじめは「有料のプラグインを、mixhostサーバーが標準で採用しているのかな」と思いました。

が、そうではないのです。

LiteSpeed Cacheを利用できるかどうかを決めているのは、レンタルサーバーのタイプです。

LiteSpeed Cacheとは、LiteSpeed Webサーバーで利用できるキャッシュ機能です。

WordPressでLiteSpeed Cacheを使用して高速化する方法

それなら、「LiteSpeed Webサーバー」ってなんなの?っていう話ですよね。

LiteSpeedサーバー」は、一言でいうと「LiteSpeedはApache互換の超軽量・超高速な次世代WEBサーバー」です。

サーバープログラムもいろいろある

ちなみに、ここでいう「サーバー」は、「サーバー・コンピュータ」ではなくて、「サーバー・プログラム」です。つまり、UNIX系OSにLiteSpeedをインストールして利用していることになります。

ほかにも代表的なサーバープログラムといえば。

代表的なサーバープログラム
  • Apache
  • Nginx
  • Microsoft IIS
  • LiteSpeed

デファクト・スタンダードのApacheに対して、LiteSpeedは最近シェアを伸ばしているサーバーです。

LiteSpeed Technologiesからダウンロードできる

LiteSpeed Technologies社がLiteSpeedプログラムを提供しています。

ダウンロードもできます。

LiteSpeedサーバーの特徴

LiteSpeedサーバーには、特徴が2つあります。

LiteSpeedサーバーの特徴
  • 従来のレンタルサーバーからデータ移行しやすい(Apacheと完全な互換性がある)
  • それなのに接続スピードが速くなる(静的コンテンツ配信を高速化)

サーバーの用途はいろいろありますが、ウェブページやブログに特化することで、軽量化・高速化をしているわけですね。

デメリットとしては動的コンテンツ(つまり動画など)の配信では逆に遅くなります。

いろいろなレンタルサーバーの上位プランとして利用されています。

高速化の手法の違いをNginxと比べる

似たような高速化サーバーには「Nginx(エンジンエックス)」というものもあります。

同じ高速サーバーでも設計の違いで、微妙な得意分野の違いがあります。

・画面が固定化されたwebシステム内のデータ処理
 → 処理が高速なNginx
・メディア表示が主となるwebページ
 → レンダリング、サーバが安定しているLitespeed

第4のWEBサーバ「LiteSpeed」はNginxより高速か、centOS7に環境構築し動作検証

ということで、今回は「LiteSpeedサーバー」について調べてみました。お役に立てば。

いつもお読みいただき、ありがとうございます!

参考サイトは

レンタルサーバーならmixhost | 表示速度満足度No.1
独自SSLが無料で使えるレンタルサーバーならmixhost!表示速度満足度No.1のレンタルサーバーが月額880円からお手軽に!簡単・高機能・充実のサポートで安心して使えます。WordPressを数クリックで簡単設置できます。
WordPressをより高速化・最適化・負荷軽減する方法
WordPressは非常に便利なWebアプリケーションですが、数少ない欠点として表示速度が遅くなりがちといった問題や、サーバーの負荷が高いといった問題があります。 そこで、mixhostにおいて高速化・最適化し、より快適にご利用いただくための方法をご紹介します。 キャッシュの導入 WordPressを高速化する最もシン...
【LiteSpeed】超高速Webサーバーで快速表示
レンタルサーバーに高速化の大きな波が レンタルサーバーの大きなトレンドとして、【高速化】対応が急速に広まっています。 レンタルサーバーを選ぶ大きな要素として、「価格」「信頼性」「サポート」の3つがあり
第4のWEBサーバ「LiteSpeed」はNginxより高速か、centOS7に環境構築し動作検証 - Qiita
レンタルサーバについて情報を物色していたところ、某サーバ会社などがLiteSpeedなるWEBサーバを使用していることがわかり、この高速性が売りだというLiteSpeedに興味を持ったので、Webシステム構築でも実務的な使用に耐えうる...
タイトルとURLをコピーしました