Windows Update 「注意が必要です」とは?【更新が滞っているときに】

スポンサーリンク

久しぶりにパソコンを使うと、システムの更新がうまくいかないエラーに遭遇することがあります。

今回は、Windows Updateに「注意が必要です」と表示されたときの対処法と理由について、説明していきます。

要件

Windows 10(2020年9月)

スポンサーリンク

設定にWindows Updateの注意が表示される

「設定」を表示すると、画面の右上に注意マークが表示されました。

まずは設定を開いてみましょう。

Windows 10での設定の表示の仕方

設定を開くと、画面の右上に注意を表す通知が表示されています。

Window Update 注意が必要です

どうも、更新プログラムのインストールがうまくいっていないようです。

別の更新プログラムが進行中

ボタンになっているので、クリックするとWindows Updateの項目が表示されます。

たくさんの更新プログラムがたまっていることがわかります。

別の更新プログラムが進行中の画面

ちょっと一つエラーを読んでみましょう。

状態:別の更新プログラムが進行中のため、一部の更新プログラムをインストールできません。コンピューターを再起動すると解決する場合があります。その後、更新は自動的に再試行されます。

状態:ダウンロード待ち

これは、更新プログラムのインストール作業がかち合ってしまったことを示しています。

Windows Updateでは、いろいろなシステムの変更があります。

そこで、一つの更新中は別の更新プログラムの実行が一時中断されます。

これは、更新プログラムが複数になるとよく起こります。

通常は、ほっておいても自然と進んでいくので大丈夫です。

シャットダウンなんて知らない?

ところが、パソコンを利用している人の中には「シャットダウンなんてしたことがない」、という人がいます。

「シャットダウン」や「再起動」といったシステムの正しい再開方法をしていないと、更新プログラムのインストールがいつまでたっても再開しないことがあります。

「再試行」のタイミングがわからないんですね。

ですので、もし「Windows Updateの注意」が表示された場合は、インターネットにつないだ状態で一度「再起動」をしてみてください。

そうすることで、システムの更新がうまく進んでいくようになるはずです。

パソコンを再起動する

パソコンにはちょっとしたコツというか、正しい使い方、というものがあります。「ふだんは問題なく使えていても、たまにうまくいかない」、そんなときには一度使い方を見直してみるとよいですよ。

正しい使い方には理由があります。うまく付き合っていけると良いです。

お読みいただいて、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました