目で見てわかる、こんな暗証番号がよく使われている

スポンサーリンク

暗証番号に誕生日が危ないっていうけど、なんか実感がわかないなぁ。

実際にどれぐらいの人が暗証番号に誕生日を使っているのか、調べた研究がありましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

11人に1人が誕生日を暗証番号に?銀行の暗証番号のセキュリティ

こちらは2012の論文の中にある図です。色の濃い部分が頻度が多い暗証番号です。

けっこう濃い部分と薄い部分があるのね…

濃い部分が暗証番号として「よく使われている数値」です。

表の見方を説明します

このグラフの見方ですが、4桁の暗証番号を上2桁と下2桁の組み合わせとして、表現しています。

つまり、座標(12,34)が暗証番号「1234」を表しています。

こうしてみると、ぽつんと多いのが、1234, 4321です。

斜めの線は何?

目を引くのがこの斜めの線ですよね

これは、1515, 7272など上2桁と下2桁が同じパターンです。

覚えやすいから、つい使ってしまいそう

誕生日はどこにプロットされている?

誕生日に限りませんが、日付には特徴があります。

上2桁は00-12まで、下2桁は01-31までの範囲に収まります。

ちなみに、誕生日の前後を入れ替えるのも、やっぱり高頻度です。

とりあえず、日付からは離れた方がよさそうね

生年も多いです

生年も多いです。むしろ、誕生日よりも重なる確率が高いので、危ないですね。

javascriptでランダムな4桁を表示する

ここにjavascriptのプログラムでランダムな4桁の数字を作ってみます。ボタンを押してみると、ランダムな暗証番号が5つ表示されます。

8973 9046 2996 9239 2690


<span id="ransuu">表示場所</span>

<script type="text/javascript">
function random() {
var result = "";
for (i=0; i<5; i++) {
var num = Math.floor( Math.random() * 10000) ;
result += ("0000"+num).slice(-4) + "    "; 
}
document.getElementById("ransuu").innerHTML = result; 

}
</script>

<a href="javascript:random();">ランダムな暗証番号を作る</a><br />

記事公開時はformタグでjavascriptのボタンを作っていましたが、AMPエラーが出たのでリンクに変えました。

<amp-form>タグにはいろいろ必須属性(method, action, targetなど)があって、基本的にはフォームの役割は「ウェブサイトへの入力と画面遷移」としているようです。このボタンではウェブページ内の文字列を動的に変更しているだけなので、ちょっとおおげさなのかな、と思いました。

元のコード

<form>
<span id="ransuu">表示場所</span>
<br>
<input type="button" value="ランダムな暗証番号を作る" onClick="random()">
<br>
</form>

<script type="text/javascript">
function random() {
var result = "";
for (i=0; i<5; i++) {
var num = Math.floor( Math.random() * 10000) ;
result += ("0000"+num).slice(-4) + "    "; 
}
document.getElementById("ransuu").innerHTML = result; 

}
</script>

まとめ:暗証番号は一度見直そう

ここまでダメな例を見てみました。

まとめると……

よく使われる暗証番号
  • 0000, 1234, 4321 など特徴的な数
  • 2525, 4646など2桁の繰り返し
  • 誕生日(日付)
  • 生年(西暦)

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました