Macのシステムアップデートが進まない しょうもない理由【macOS Catalina 10.15.7アップデート】

スポンサーリンク

Macのアップデートを促す、こんな画面が出てきました。

ソフトウェア・アップデート

このMac用のアップデートがあります
・macOS Catalina 10.15.7アップデート

[今すぐアップデート]

macOS Catalina 10.15.7アップデートの画面
スポンサーリンク

そもそも今すぐアップデートをするべきか?

本当はアップデートは「すぐに」するのは危険です。

というのも、新たな不具合が出てくる場合があるからです。

これまでも、アップデート後すぐに不具合が見つかることは幾度となくありました。

ある程度(1週間ぐらいあれば十分)様子を見て、それからアップデートするのが定石です。

「システム設定」アプリの通知が気になる

とはいえ、私はわりとさっさとアップデートするタイプです。

システム設定アプリに通知がある

この「1」が気になってしまうんですよね。

ということで、「今すぐアップデート」をポチり。

すると再起動が必要ということで、「再起動」します。

MacOSのアップデート前の再起動を促す画面

アップデートするには、Macを再起動する必要があります。

再起動がやたらと短い

通常はこのまま、システムがシャットダウンして、アップデート処理をしてから、起動します。

  • システムのシャットダウン
  • システムのアップデート
  • システムの起動

通常の再起動に比べて、時間がかかるのが通例です。

ところが、それがほとんど時間がかからなかったんですよね。

MacOS アップデート中の3つの写真

起動すると、まず出てきたのが「このMacは最新の状態です」というメッセージ。

でも、よくみると、「macOS Catalina 10.15.6」。

あれ、10.15.7にアップデートしたはずなのに。

macOS Catalina 10.15.6のまま
ソフトウェア・アップデート

このMacは最新の状態です – macOS Catalina 10.15.6

うーん。

振り出しに戻る

しかも、ちょっと待つと、サーバーからアップデート情報を確認したのか、元の画面に。

何度かやってみたのですが、このままです。

いまのところ考えている原因は

  • ストレージが足りない
  • アップデートのデータベースにエラーがある
  • 電源や通信状況

何かがアップデートを妨げているようなので、また調べてご報告します。

追記:単純な問題でした(2020年9月27日)

Twitterに投稿したところ、Appleサポートコミュニティの情報を教えていただきました。

これまでのアップデートでも同様の現象があるようで、いくつかの解決方法のヒントがありました。

  • セーフモードでシステムアップデートする(shiftキーを押しながら起動)
  • OSを再インストールする

セーフモードでシステムアップデートする

ということで、まずはセーフモードで起動して見ました。

ところが、何も反応なし。再起動しても、やっぱり進みません。

残念です。

ストレージ残量を確認する

OSの再インストールはさすがに避けたいので、ますます心配していたストレージ残量を確認してみることにしました。

動画編集のファイルをいくつか消してみることにしました。

空き容量を増やす

40GBの容量が空きました。

そこで、再起動すると。

残り時間32分

今度は40分ぐらいかかってアップデートされました。

無事にmacOS Catalina 10.15.7ということで完了です。

ということで、とてもシンプルにストレージが足りなかったということでした。

ちょっと少なくなってきていたとは思いましたが、てっきりストレージが足りなければ警告ダイアログが出るのかと思って、確認が遅くなりました。

いやはや、お恥ずかしい…。

ちなみにアップロードファイルのファイルサイズは2.86 GBなんですよね。

3GBあれば十分と思っていたので、「ひっかけ(?)」でした。

ということで、わたしの失敗がご参考になれば嬉しいです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます!

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました