[PWA] ホーム画面に追加? インストール不要のアプリ 〜 プログレッシブ ウェブアプリ

スポンサーリンク

インターネットを見ていると「ホーム画面に ちいラボアプリ を追加」などのようなメッセージが表示されることがあります。

今回は、「PWA」というキーワードで、ホームページとアプリの垣根が低くなっていることについて書いてみます。

スポンサーリンク

PWAって何の略?

もしかすると「PWA」という単語は初耳という方も多いかもしれません。

一応言っておきますが、PTAではありませんよ。

PWAは「Progressive Web Apps」の略です。

プログレッシブなウェブアプリ?

「プログレ」といえば、プログレッシブ ロックっていうのがありましたが、これは1960年代後半ごろに生まれた、「進歩的・実験的なロック」のジャンルのことです。

ということは、PWAも、一歩進んだウェブアプリ、ということになりますね。

PWAは、スマートフォン上でアプリのように動かせるモバイル向けのWebサイトのことです。

インターネットを見ていたら「ホーム画面に追加」というメッセージが出た

「ホーム画面に追加」というメッセージは、ちいラボのホームページでもたまに表示される設定になっています。

これは、基本的には「ウェブページのショートカット」です。

よく見るウェブページとしてホーム画面に登録するもので、いわゆるアプリのインストールではありません。

しかし、ホーム画面に追加することで、アプリのように使うことができます。

ウェブページではなく、アプリっぽく見えるしかけは、アイコンだけではありません。

画面上のアドレスバーなど、ブラウザのUI要素を隠すこともできます。

つまり、ウェブページを作ることで、「アプリ」が作れてしまうのです。

ウェブページとウェブアプリの違い

ウェブページとウェブアプリには明確な違いはありません。

強いて言えば、「情報がメイン」か「操作がメイン」かの違いぐらいです。

とはいえ、アプリの中にはニュースアプリなど、情報系アプリもあります。ツールバーなどがあれば「ウェブアプリ」と言えそうです。

通常のウェブページにいくつかコードを追加すると、PWAにできます。

PWAを登録してもらう目的は?

ウェブページをPWAとして登録してもらうことで、頻繁に見に来ることができるようになります。

逆にいうと、頻繁に情報が更新されて、見るたびに楽しいようなしくみを考える必要がありますね。

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました