SMSって何? 〜電話網とインターネット

スポンサーリンク

今回は、ショートメッセージ(SMS)と電子メールの違いについて、大まかなイメージを説明します。ついでに、SMSと似た見た目のSNSについても、見てみましょう。

電話線は国内に張り巡らされたネットワークで、電話通信会社が管理しています。「電話網」ともいいます。

スポンサーリンク

SMSは電話会社が管理している

ショートメッセージ(SMS)は電話網を通じて、電話番号に向けて送信されるので、パソコンには送ることができません。

電話番号は、主に通話をするために利用されますが、これまでにも他の使い方がありました。

例えば、ポケベルには、音声の代わりに番号(数字)を送ることができます。

その発展型として、文字を直接送ることができるようになったのが、ショートメッセージなのです。

SMSの主な用途

  • 携帯電話の不在着信を確認する
  • インターネットサービス利用時の電話番号が本人のものか確認する
  • 契約している携帯電話会社からの連絡を受ける
  • 携帯電話番号しかわからない知り合いとメッセージのやり取りをする

携帯電話が使われはじめたころは、電子メールよりも簡単なために利用されましたが、だんだんと利用される機会が少なくなっているように思います。

インターネット・プロバイダの役割

インターネットは、光回線などでつながるネットワークです。回線は主に通信会社が管理していますが、電話で言うところの交換手にあたるデータのやり取りは、「インターネットプロバイダ」という会社がやっています。

インターネットは電話網と違って、自由に参加できるネットワークということがあります。

もともと、インターネットは核戦争が起こっても通信できる仕組みとして考案されました。どこか一極集中で管理するのではなく、分散して管理しています。

といっても、スマートフォンやパソコンを直接つないでも、どこに情報があるかわかりません。そこで、道案内人として「インターネット・プロバイダ」という大きなコンピュータがあり、まず、そこにつないでいるわけです。

SMSとSNS

SMSとSNSは、似たように聞こえますが、実は「サービス」しか同じではありません。

  • SMS(Short Message Service)
  • SNS(Social Networking Service)

とりあえず、全然違うわけね…

そうです。とはいえ、「コミュニケーションのための仕組み」と考えると、全く関係がないわけでもありません。

SMSは電話番号を使った電話機同士のメッセージのやり取りです。パソコンからは見ることはできませんし、そういう意味では、とてもプライベート(私的)なやり取りです。

一方、SNSはサービス会社にメッセージを投稿して、会員同士で見せあうものです。例えば、インスタグラムでは、色んな人がキレイに撮影できた写真を投稿して、お互いにコメントで褒めたりします。こちらは大人数でわいわいやる、パブリック(公的・おおっぴら)なやり取りと言えますね。

新聞や雑誌に川柳を投稿するみたいなものね

まとめ:電話網とインターネット

このようなSMSと電子メールの違いは、災害時などで役に立つことがあります。

SMSと電子メールでは通信経路が異なるので、復旧までの時間が変わることがあるからです。

  • SMS…電話網を通じて送信されるので、携帯電話・スマートフォン同士でしかやり取りできない。
  • 電子メール…メッセージはメールアドレスに送信され、相手の契約しているインターネット会社に送られる。
  • SNS…簡易的なホームページや掲示板のようなもので、書き込んだメッセージは幅広い相手に見せることができる。

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました