LINEで勝手に友だち登録されてしまうのは?〜 「友だち自動追加」の仕組み

スポンサーリンク

今回は、「LINEで勝手に友だち登録されてしまう」という理由を「サーバー」という仕組みから説明します。

スポンサーリンク

サーバーの仕組み

まずはLINEとメールがどう違うか ということについて、説明していきます。

インターネットには「 サーバー 」 というコンピュータがたくさんつながっていて、いろいろなサービスを提供しています。

「サーバー」は、24時間ずっと動いている大きなコンピュータで、ホームページを見せたり、今回のようにメールを扱ったり、いろいろなシステムを動かしています。

例えばパソコンとか、あるいはスマートフォン、昔のガラケーでも 「 電子メール 」 を送ることができますが、このメールのデータはそれぞれの端末機械から、「 サーバー 」 という大きなコンピュータをいくつも経由して、相手のもとへ届きます。

例えばこちらでメールを作って送ると、まず「自分の契約しているインターネットプロバイダのサーバーに送られます。このような「 サーバー 」 という大きなコンピュータが世界中にありますので、そこを経由して最終的には相手が契約しているサーバーに届く、という仕組みになっています。郵便でいうと「 私書箱 」 みたいなものなので、送られたメールはサーバー上に保管されています。

送られた人のスマートフォンは、定期的にサーバーに接続して、メールが届いているか確認します。もし、メールが届いていたら、スマートフォンにコピーしてきます。これを「 ダウンロード 」 といいます。そこで、自分の所にメールが来たと、分かるような仕組みになってます。

メールは別の会社にも送ることができる

ポイントは、Aさんの使ってるサーバーとBさんの使ってるサーバー、会社が違っていてもやり取りをすることができる、ということです。

メールの場合は専門用語でいうと「 プロトコル 」 、つまりメールを送る時の共通の約束事あるので、会社をまたいで送ることができます。

Eメールアドレスには、「abc@docomo.ne.jp」のように、後半の部分がどの会社のサーバーに入っているか、ということを表しています。

つまり、メールアドレスは、どこの会社のサーバーの、どの名前の私書箱という組み合わせで、宛先を指定しています。

LINEはどうなのか?

LINEは、LINEという会社が一元管理してるサービスです。

つまり、全部、LINEのサーバーなんです。

「私はスマートフォンはドコモですよー」というようにいろんな入口からインターネットに接続しているのですが、LINEのメッセージは最終的にはLINEのサーバーに届くことになります。

AさんがBさんにメッセージを送ると「AさんとBさんの合わせた私書箱 」に送られます。

これが「 トーク 」 という画面で、お互いのメッセージが並んで表示されています。

メッセージが届くと、「 Bさん 」 の方には通知がくることになります。

電話のように「 Bさん即座に送られている」と勘違いしやすいですが、実際には「 Bさん 」 のスマートフォンがひっきりなしに、例えば、30秒おきにサーバーの方に確認しに行っているわけです。

LINEは、LINE社のサーバーで、こっちが書き込み、そっちが見に行き、という形で運営されています。

したがって、メールとは違って、もしLINEのサービスを辞めてしまうと、「 Aさん 」 は 「 Bさん 」 にメッセージを送ることができなくなってしまいます。

LINEのアカウントと名簿の管理

あともう一つのメールとの違いは、名簿の管理方法です。

LINEでは、たくさんの人のやり取りを全部、LINE社の1つの(実際には機械は1つではないのですけど)サーバーで管理をしています。

LINEに登録する時に「 アカウント 」 を電話番号で決めます。

LINEのサーバーには、こういう利用者の台帳があって、それぞれの人がどの電話番号を使ってるのかを管理しています。

「友だちの自動追加」

全部の連絡先や全部のやり取りを一つの会社で管理しているので、注意点があります。

例えば「 Aさん 」 が初めてLINEを登録するときには、「スマートフォンの中に入っている住所録をLINEに預けて知り合いを自動的に【友だち追加 】しませんか」と聞かれます。

これは「スマートフォンにある住所録をLINEに提供する」という意味です。

住所録を提供すると、LINEの方ではサーバーの名簿と照らし合わせて、「Aさんの住所録にあった、この090…云々かんぬん…というのは、LINEを使っているCさんの電話番号だ」と探し出します。

そうすると、LINEでもAさんとCさんがメッセージのやり取りをできるように、自動的にLINEの「友だち」として登録します。

このことを「友だちの自動追加」といいます。

意図しない「友だちの自動追加」

実はこれが問題で、最近付き合いのない人にも、LINEの連絡先が伝わってしまうのです。

古いガラケーの時から機種を変更しながら、どんどん住所録には連絡先が溜まります。昔にちょっと連絡先を交換しただけの相手でも、電話番号が住所録に入っていると、LINEは勝手に「友だち」と考えて連絡先を交換してしまいます。

もし、「友だちの自動追加」にチェックをつけたままにしてしまうと、勝手に友だち追加されてしまいます。

仕組みを知ると、通常はチェックしない方が多いですね。

まとめ:メッセージの一元管理

「住所録を預けると勝手に友達になってしまう」のはLINEの一つの特徴です。

これは一つの会社で、登録者の情報とメッセージのやり取りを一元管理しているから、このようなことができるわけです。

これが電子メールとLINEでの個人情報、住所録の情報の扱われ方の違いです。

今回は、技術的な仕組みについて大まかな説明をしました。少し細かい部分を端折っていますが、理解の一助になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました