iPhoneの写真をパソコンにコピーするには? 【アクセスの許可】

スポンサーリンク

iPhoneやiPadの写真をパソコンに保管したいときのポイントに「アクセスの許可」があります。

スポンサーリンク

iPhoneをパソコンに繋ぐ

iPhoneをパソコンのUSB端子につないでも、それだけではiPhoneの中身のデータはパソコンには表示されません。

iPhoneの画面に表示される、メッセージでアクセスの「許可」をする必要があります。

このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?

このデバイスは、お使いのiPhoneに接続されているときに、写真やビデオにアクセスできるようになります。

[許可] [許可しない]

このようにすると、パソコンのエクスプローラーからファイルを見ることができます。

エクスプローラーの使い方

Windowsでファイルを管理するプログラムを「エクスプローラー」といいます。

エクスプローラーは、メインウィンドウとナビゲーションウィンドウという画面に分かれています。

まずは、ナビゲーションウィンドウでファイルを保存している場所を指定します。

iPhoneの写真の保管場所

iPhoneの写真は、階層構造の中に保管されています。

ちょっとややこしいですが、順番にたどっていく必要があります。

iPhoneの写真の場所
  1. 「PC」を開く
  2. 「Apple iPhone」を開く
  3. 「Internal Storage」(内部ストレージ)を開く
  4. 「DCIM」(デジカメ画像)を開く
  5. 「100APPLE」を開く

機種やバージョンによって多少違いがありますが、基本的には「DCIM」というフォルダの中に保管されています。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました