Playストアのもやもやを解決!今さら聞けないアプリのインストール

スポンサーリンク

今回はアプリを追加するときに使うPlayストアについて、「今さら聞けない」基本から解説します。

スポンサーリンク

アプリのインストールの手順

まずは実践から、ということで、一つアプリをインストールしてみましょう。

「インストール」というのは、「アプリを追加すること」です。ニュースや買い物など、便利な機能を追加することができます。

  1. 「Playストア」アプリを起動する
  2. 好きなアプリをタッチする
  3. 「インストール」をタッチする

まず、ホーム画面で「Playストア」アプリを探します。

スライドすれば見つかることもありますが、「Google」というフォルダに入っていることもあります。

アプリはたくさんあります。無料のものの方がたくさんありますので、気になるアプリをインストールしてみてください。

ここでは「Yahoo」アプリを選びましたが、特に意味はありませんよ。笑

もし、支払い方法を決めていない場合は

アプリの「インストール」ボタンを押すと、支払い方法を指定するように表示されることがあります。

支払い方法にクレジットカードなどを登録しないといけなさそうですが、この画面、なんと「スキップ」することができるんです。

  1. アカウント設定の完了の画面が出てきたら、「次へ」をタッチ
  2. 「スキップ」をタッチ
  3. ちゃんとアプリの追加に進みます

ちょっとメモ:ダウンロードとインストールの違い

インストールを開始すると、スマートフォンは

  1. データをダウンロードし
  2. アプリを使える状態にします

ねえねえ、ダウンロードとインストールって何が違うの?

ダウンロードは、「インターネットからデータを引っ張ってくる」ことです。転送されてきたデータはスマートフォンの内部に保存されます。

写真や音楽などは「ダウンロード」するだけで、見たり聴いたりできるようになります。

それに対して、アプリの場合はもうひと手間必要です。スマートフォンで使いやすい場所に登録したりすることで、アプリは使えるようになります。これを「インストール」といいます。

インストールが終わると、ホーム画面にアプリのアイコンが追加されますよ。

アプリを削除して もとに戻すにはアンインストール

アプリを削除することを「アンインストール」といいます。これは「インストール」の逆ですね。

アンインストールの方法には、

  • ホーム画面設定アプリからの手軽な方法(通常はオススメ)
  • Playストアアプリからアンインストールする方法(どの機種でも共通)

などがあります。

アプリはアンインストールすると、すっきり元の状態に戻すことができます。

ホーム画面のアイコンを画面の上に移動するだけでアンインストールできる機種もあります。

先ほどのPlayストアから削除することもできます。

メニューの中に「マイアプリ&ゲーム」という項目があります。

「インストール済み」の一覧の中から、削除したいアプリをタッチすると、アプリ情報の画面になります。

「アンインストール」を押せば、アプリのデータはきれいさっぱりスマートフォンから削除されます。もちろん、ホーム画面のアイコンもなくなっているはずです。

こちらでも詳しく説明しています。

これも便利:Playストアをホーム画面に配置する

Playストアはよく使う基本的なアプリなので、ホーム画面の見やすい場所に配置するのがおすすめです。

ホーム画面でアプリのアイコンを長押ししてから、スライドさせることで、好きな位置に移動できます。

Playストアでアプリの検索する

先ほどは適当なアプリをインストールしました。しかし、通常は気になったアプリを「検索」で探すことが多いです。

プレイストアの画面で検索バーをタッチして、キーワード(例えば、「LINE」)を入力します。途中でアプリの候補が出てきたら、それをタッチして選ぶと楽ですね。

キーワード検索の結果一覧から自分で選ぶこともできます。

もし、Playストアを使えない場合はログインが必要

たまーに、Playストアが使えないスマートフォンやタブレットがあります。

それは、初期設定がきちんとできていないまま、渡された場合がほとんどです。

Playストアを利用するには、「Googleアカウント」が必要です。

通常はスマートフォンの初期設定でGoogleアカウントの作成や認証は済んでいる場合が多いですが、まだの場合はGoogleアカウントの登録をしてください。

もし、すでにスマートフォンを使ったことがあって、アカウントを取得している場合(機種変更など)は、自分のメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」します。

GoogleとAndroidスマートフォンの関係

「Googleといえば検索。検索といえば、YahooかGoogleか」というイメージがありますよね。しかし、Googleのお仕事は検索以外にもたくさんあるんです。

そのうちの1つがスマートフォンの基本システムの開発です。

Googleの開発しているスマートフォンの基本システムのことをAndroid OS(アンドロイド・オーエス)といいます。ほかにこのようなスマートフォンの基本システムを作っている会社にAppleがあります。Appleの作っている基本システムの方はiOS(アイ・オーエス)といい、iPhoneやiPadで利用されています。つまり、販売されているスマートフォンは、AndroidスマートフォンとiPhoneに大きく二分されているわけです。

iPhoneじゃなかったらAndroidスマートフォンということね

スマートフォンのどちらの基本システムも、もともとはパソコン向けのシステムをスマートフォンでも動くようにシンプルに改良したものです。ですので、インターネットを見ることができたり、アプリを追加することができるのです。

Google Playと「Playストア」アプリの違い

ほとんど同じ言葉ですが、「Google Play」と「Playストア」の違いについて説明します。

Androidスマートフォンでアプリを追加・管理するための仕組みが「Google Play」ということになります。

  • アプリ制作者はGoogle Playにアプリを登録し
  • アプリ利用者はGoogle Playからアプリをインストールします

Googleが運営するアプリの市場がGoogle Playです。

では、Playストアは、というとアプリです。Google Playでアプリを探したり選んだりするためのアプリが「Playストア」ということになります。

厳密にはアプリ以外にも映画や音楽なども買えます

応用

「Google Play(グーグルプレイ)」は、Android OSの開発元である米Google社によって提供されているコンテンツ配信サービスです。

主にAndroid OSが組み込まれているスマートフォンやタブレットを対象にして、アプリ、映像、音楽、電子書籍などのデジタルコンテンツが配信されています。

今回は、「Playストア」について聞いていると、もやもやする言葉の意味について、じっくり説明しました。

実際にはここまで知らなくても、アプリは使えますので大丈夫です。

少しでも疑問が晴れたら嬉しいです。

いつもお読みいただいて、ありがとうございます!

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました