Googleマップでルート検索をしよう 〜乗換え検索とナビ開始

スポンサーリンク

グーグルマップの使い方で一番喜ばれるのが「ルート検索」です。今回は、ルート検索の方法をまとめます。

スポンサーリンク

「グーグルマップ」アプリ

もし、「マップ」というアプリがホーム画面にないときは、「Google」というフォルダにひとまとめになっているかもしれません。

Googleマップの画面構成

画面の上端に「検索バー」、下端に「タブ切替え」ボタンがあります。

  • 検索バー…キーワードで場所を探すのに使います
  • タブ切替えボタン…場所をメモする便利な機能、通勤・保存済み・投稿・最新があります。慣れたらオススメです。

音声で場所を検索するときの注意点

「聞き取れませんでした」と表示されてしまったときは、もういちどマイクのボタンを押すと「再試行(やり直し)」できます。話し始めるタイミングが大事で、「ピコン♪」という音が鳴って、「なんでも話してみてください」と表示されているときが、音声を認識してくれます。

経路(ルート)を調べる手順は二通りある

(A)検索バーからでも、(B)経路ボタンからでも経路を調べることができます。

  • (A-1)検索バーで検索してから
  • (A-2)「経路」のボタンを押す

この方法が一般的だと思います。

経路結果のタブ切替え

画面中央の「タブ切替え」で

  • 自動車
  • 公共交通機関(電車など)
  • 徒歩
  • タクシー

を選ぶことができます。「自動車」はカーナビに利用する時、「公共交通機関」は乗り換えを調べるときに利用します。タクシーはあまり使いませんが、別のアプリと連携してタクシーの配車を依頼することができます。

公共交通機関のルート候補と詳細

いくつかのルートが候補として検索結果に表示されます。タッチするとルートの「詳細」を見ることができます。

出発時刻・到着時刻

「出発時刻」のボタンをタッチすると、

  • 出発時刻
  • 到着時刻
  • 最終

を選んで時刻を指定することができます。「出発時刻」なら、その時刻以降でもっとも速いルートを調べてくれます。「到着時刻」なら、その時刻以前でもっとも近い時刻の到着するルートを調べてくれます。「最終」はその場所に帰るための終電を調べます。

つまり、「今から出発する」というときは出発時刻で、「何時に待ち合わせ」というときは到着時刻で調べればよいわけです。

自動車 経路検索の「ナビ開始」

グーグルマップを「カーナビ」として使う場合は、自動車の経路検索にします。ただし、手に持ってスマホ操作しながら自動車運転するのは危険です。安全運転を心がけ、法令を遵守して下さい。基本的にはホルダーに置いて、音声コマンドを利用します。

  • 目的地までの経路検索をして、自動車を選びます
  • 「ナビ開始」ボタンをタッチします
  • 注意事項を確認し「OK」をタッチします

スピーカーのボタンで音声案内のオン・オフを変更できます。

また、画面下の×ボタンでナビを終了できます。正しくナビを終了しないと、ホーム画面などに切替えてもナビの動作は続きます。ナビ動作中はスマートフォンの全体の動作が遅くなったり電池消耗が大きくなるので要注意です。

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました