見たいホームページを開く 〜 ブラウザアプリChromeの話

スポンサーリンク

今回はスマートフォンでインターネットを見るときにある、周りの操作ボタンについて少し解説します。

スポンサーリンク

ブラウザとは

スマートフォンでホームページを見るときに使うアプリを「インターネット・ブラウザ」といいます。最近は単に「ブラウザ」といいます。

ブラウザというのは総称で、iPhoneならSafari(サファリ)、アンドロイドならChrome(クローム)などそれぞれメーカーごとに固有のアプリ名があります。国産のスマートフォンの場合は、メーカー製の「インターネット」という名前のアプリが入っていることも多いです。

ブラウザアプリは、ホームページを見るためのものですが、それぞれのアプリで画面のデザインが違います。ここではChromeというアプリを使ってブラウザの基本的な操作を説明します。

ブラウザの画面

Chromeの画面は、ウェブページ表示する「メインの画面」と、ボタンの集まる「操作欄」に分かれています。

メインの画面とリンク

ウェブページの特色は「リンク」です。画面の中の文字やアイコンがボタンになっていて、別のページに進むことができるようになっています。もともとリンクは「青い下線付きの文字」が主流でしたが、最近はいろいろなボタンの形があり、「触ってみないとわからない」です。

慣れるとどこが押せるかなんとなくわかるようになります

インターネット・ブラウザは「道順」を覚えているので、「戻る」を押せば、1つずつ戻ることができます。

操作欄のボタン

画面上部は「操作欄」になっています。

  • ホーム…最初のページに戻ります。初期設定だとメーカーやキャリア(携帯会社)のページであることが多いです。
  • アドレスバー・検索バー…アドレスやキーワードを入力できます。
  • タブボタン…「タブ」という機能で画面を切り替えることができます。
  • その他のボタン…ブックマークや設定などのメニューがあります。

もし操作欄がない場合は、下に画面をスライドして引っ張り出すことができます。ウェブページをスライドして見ていると、操作欄は隠れてしまいます。

検索語句またはウェブアドレスを入力して、ページを表示することができます。主にキーワードを入力して、検索するのに利用します。

タブ機能とタブの管理

タブは、端から突き出た「切れ端」のことですが、インターネットブラウザの場合は、「ウェブページを切替えて表示する」ための機能です。タブを利用すると、見ていたページをそのままにして、新しく別のページを見ることができます。

タブボタンの中の数字が「何個ページ画面を保持しているか」を表しています。

リンクによっては自動的に新しいタブに表示されるものがあります。例えば、商品のページなどは新しいタブで表示されることが多いです。

タブは放置するとどんどんたまっていきます。定期的にタブ一覧を表示して、「閉じる」ようにしましょう。タブ右上の「×」印が「閉じる」ボタンです。

タブを知らないで使っているは、けっこうタブボタンの中の数字が10個などあったりします。

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました